<中国の人気ユーチューバーが投稿した動画が、韓国と中国の間に起きていた「キムチの起源」をめぐる論争に大きな火をつける形となった......> 香港サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙が、2021年2月3日、中国人ユーチューバー、リー・ズーチー(李子柒)さんのチャンネルが登録者数1410万人を突破して、ユーチューブ中国語チャンネルの最多登録者数部門でギネスブックの記録を塗り替えたと報じた。 四川省の農村で祖母と暮らしているというリーさんの動画は、牧歌的な生活風景や伝統料理などを映し出して世界的な人気を集めるが、1月9日に#chinesecuisine(中国伝統料理)、#chinesefood(中国の食べ物)などのハッシュタグを付けた動画で白菜キムチを漬ける様子を紹介し、韓国と中国の「キムチの起源」論争に火を付けた。 リー・ズーチーさんが白菜キムチを漬ける動画 7:01〜8:30 中国ではキムチも泡菜の一種と見なされている キムチといえば赤くて辛い漬物を連想するが、野菜を塩漬けにした保存食で、韓国では「ムルキムチ」と呼ばれる白いキムチも食べられている。1760年代に朝鮮で飢饉が起き、高騰した塩の代替品として唐辛子が使われたのが赤いキムチの始まりといわれている。 キムチは韓国併合の1910年以降、朝鮮漬けの名で日本に伝わったが、あまり普及することはなかった。1988年のソウル五輪を機にテレビや新聞、雑誌などが韓国特集を組んで「キムチ」の名が浸透し、さらに、2002年の日韓ワールド杯や2003年の「冬のソナタ」の放映で第一次韓流ブームが起きると、エンターテインメントと合わせて韓国料理が人気となって日本国内で普及した。 2020年11月、四川省眉山市の市場監督管理局の主導で「泡菜(パオツァイ)」が国際標準化機構(ISO)の認証を受けると、同月28日、中国・環球時報が「キムチ(泡菜)宗主国、韓国の恥辱」と報じ、韓国と中国のキムチ論争がはじまった。泡菜は野菜の塩漬けを意味しており、中国ではキムチも泡菜の一種と見なされている。 環球時報の記事に対し、韓国メディアは「中国キムチが国際標準になった」と報道、問題に対処できなかったとして「韓国外交の無能」と言及した。 一方、中国のネットユーザーは「キムチをたくさん食べるから宗主国だと主張するのか」「中国から持っていっておきながら、自分たちのものだと言い張れば済むと思っているのか」など、過激な反応を見せてキムチ論争が拡大した。 ===== 韓国のキムチ論争は欧米に広がった 同11月30日、英BBCが「中国が韓国の伝統食品であるキムチの製造法を国際的に認められたという『誤報(False report)』に韓国が反論に出た」と報道。 ハリー・ハリス駐韓米国大使が韓国の料理研究家イ・ヘジョンさんと行なったキムチを漬ける体験が米国非営利機構「アジアソサエティーコリア」のSNSで中継され、ハリス大使が「キムチは世界に広く知られた食べ物」と紹介すると、イさんは「キムチは本当に韓国のもの」とし、韓国のキムチの歴史などを説明、大使は「キムチよりも韓国らしいものはない」と話しを合わせた。 また、韓国誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が米ニューヨーク・タイムズに「韓国のキムチ、世界の人のためのもの」というタイトルで広告を掲載。「キムチの漬け込み文化は2013年国連教育科学文化機関(ユネスコ)人類無形文化遺産に登録された。歴史的に数千年間、韓国の代表食文化として継承してきた」と説明した。 中国人女性ユーチューバー、リー・ズーチーさんがキムチを漬ける動画を掲載すると、韓国ネットユーザーが「キムチは韓国のもの」「一線を越えるな」など抗議するコメントを書き込んだ。 一方、大食い配信で531万人の登録者を抱える韓国人ユーチューバーHamzy(本名:ハム・ジヒョン)さんは、自身のユーチューブチャンネルにキムチは韓国の食べ物だと投稿。Hamzyさんを非難する中国のネットユーザーと、反論する韓国のネットユーザーによる「コメント戦争」が繰り広げられ、中国側所属事務所はHamzyさんとの契約を解除した。 Hamzyさんの炎上のキッカケになった動画 「文化的な自信が乏しい韓国の被害妄想」と中国共産党は主張 中国共産党の中央政治法律委員会は「韓国の『キムチ論争』は文化的な自信が乏しい韓国の被害妄想」と主張。 1月13日、張軍国連駐在中国大使が、エプロン姿でキムチを手にしている写真をSNSに投稿し、20日には中国外務省の華春瑩報道官が定例記者会見で、キムチ論争に関連して「両国間の感情を害してはならない」としながらも「私は食品問題分野の専門家ではないが、泡菜は一部の少数の数か国・地域にだけあるものではない。中国は塩漬けの発酵食品を泡菜と呼び、韓半島と中国の朝鮮族はキムチと呼んでいる」とキムチと泡菜を同一視する発言を行なった。 2020年の韓国のキムチの輸出は3万9千700トンで1億4451万ドル。一方、輸入は28万トンで1億5242万ドルだった。輸出は約半数が日本向けで、輸入はほとんどが中国産だ。 韓国の飲食店では、必ずといって良いほどお代わり自由のキムチが提供されるが、飲食店経営者にとってキムチの無料提供の負担は大きく、安価な中国産キムチの増加を後押ししている。 日本の剣道や桜、寿司などを韓国起源だと主張する韓国は、中国の黄河文明や易学、漢方などでも韓国起源説を唱えており、中国人の反感を買っている。韓国と中国のキムチ論争が終息する気配はない。