Xiaomi公式がYouTubeで公開したのは、エッジディスプレイが4方向に広がるスマートフォン。左右だけでなく、上下にもカーブに曲がったメインディスプレイが広がっています。動画タイトルは「クアッドカーブ・ウォーターフォール・ディスプレイ」となっていますが、このコンセプト機自体には名前がないようですね。あまりにも未来的なので、今は端末に名前をつけるまでもないってことなのかな。