野菜嫌いのお子さんでも、パクパク野菜を食べてもらえるよう、いろいろ趣向を凝らしたお皿がオランダから登場しました。その名も「Helping Plate」。子どもが野菜を食べたくなるようなギミックがたくさん詰まっています。