13年前のこと、探査機カッシーニが土星の第5衛星レアのフライバイを行なった際に、レアから今まで見たことのない分光学的特徴が観測され、その後2011年にも同様の観測が認められました。つまり、レアに存在しているなにかしらの分子が紫外線を吸収した結果だと推測されたのですが、その分子の正体が解明されたのはつい最近になってからです。 先月『Science Advances』誌に掲載された研究論文によれば、