ロシア政府による抗議デモへの弾圧は、人々の意志をくじくのに成功している。 反体制派の指導者アレクセイ・ナワリヌイの釈放を求め、1月23日~2月2日に3度行われたデモでは1万1000人以上が逮捕され、デモ隊に暴力を振るう警察の動画も拡散された。 そんななか世論調査会社レバダセンターが1月29日~2月2日に行った調査では、今後の抗議行動に参加すると答えた人は15%と、昨年11月の19%から4ポイント減少。政治的抗議を肯定的にみている人も、昨年8月の47%から22%に激減している。 反政府デモの機運がしぼみつつあるなか、今年9月の下院選に向けて野党側は戦略の立て直しを迫られそうだ。 19% ➡ 15% 抗議デモに参加予定の人 (昨年11月から4ポイント減) 47% ➡ 22% 政治的抗議を肯定的にみる人 (昨年8月から25ポイント減) <2021年2月23日号掲載> ===== ナワリヌイ釈放を求めるデモに参加し、逮捕された支持者でいっぱいのモスクワの刑務所 DW News-YouTube