エンタメ用のロボット「Cleo」にセリーヌ・ディオンの名曲を歌わせている動画を見て、米Gizmodoの記者が人型ロボットの課題について述べています。不気味の谷越えは、まだちょっと先のことになりそうです。