<弾劾裁判では無罪となったトランプだが、求心力の低下は明らか。共和党では党の将来を左右する「内乱」が始まろうとしている> 共和党はついに、ドナルド・トランプ前大統領と距離を置き始めたのだろうか。 1月6日に起きたアメリカ連邦議会襲撃事件をめぐるドナルド・トランプ前大統領の弾劾裁判で、上院は2月13日、無罪の評決を下した。トランプ前大統領は事件を扇動したとして弾劾訴追されていたが、有罪を支持する票が評決に必要な出席議員の3分の2に10票及ばなかった。 共和党は今も、おおざっぱに言えばトランプの党だ。その証拠に、造反して有罪に賛成した7人の議員のうちの1人、ビル・キャシディ上院議員は地元ルイジアナ州の共和党員たちから強い突き上げを食っている。 だが「トランプ無罪」というニュースの見出しだけからこの弾劾裁判を判断するのは木を見て森を見ないに等しい。無罪57有罪43という結果からは、アメリカ史上、最も党派を超えて有罪に支持が集まった弾劾裁判だったと言うことができる。つまりトランプやその支持者たちはこの弾劾裁判を「党派的」とか民主党の「独り芝居」などという言葉でレッテル貼りするのは難しくなった。 前回の弾劾裁判との明らかな「違い」 また、共和党の重鎮の一人であるミッチ・マコネル上院院内総務は、退任した大統領を弾劾するのは違憲だという考えから無罪に票を投じる一方、「恥ずべき職務怠慢」を行ったとトランプを激しく非難した。公の場でのこうした非難に意を強くした人々が今後、トランプに対する民事訴訟を起こす可能性もある。 昨年のロシア疑惑をめぐる弾劾裁判で共和党からの造反議員がほとんどいなかったのとは対照的に、今回はトランプへの否定的な見方が広がりつつある。それは世界のアメリカに対する見方も変えるかも知れない。 国際協調主義のジョー・バイデン新大統領が就任してもなお、多くのアメリカの同盟国はいわゆるトランプ主義----4年間のトランプ政権を特徴づけた(そして共和党を定義づけるに至った)たちの悪い1国主義や対外強硬主義、新孤立主義の復活を恐れていた。 共和党では今、党の未来åを巡る内乱が起きつつあるのかも知れない。その成り行きは、共和党員たちの世界観やその外交政策にも影響を及ぼす可能性がある。 片方の陣営にいるのは、マイク・ポンペオ前国務長官やジョシュ・ホーリー上院議員といった、トランプに強い忠誠を誓う人々だ。ポンペオもホーリーも2024年大統領選挙への出馬が有力視されている。 ===== もう片方にいるのは、今も最も力のある共和党政治家の1人であるマコネルや、やはり次期大統領選への出馬が有力視されているリズ・チェイニー下院議員といった人々だ。チェイニーは弾劾裁判で有罪に賛成して保守派を驚愕させたが、それでも党の要職に留まることができている。中間よりもやや反トランプ派寄りなのがニッキー・ヘイリー元国連大使で、彼女も24年の大統領候補指名に熱意を見せている。 かつてはトランプに忠誠を誓っていたヘイリーだが、オンラインメディア「ポリティコ」との最近のインタビューで、議会襲撃事件を巡るトランプの言動、特にバイデン当選を承認するのに同意したマイク・ペンス副大統領(当時)に対する態度に「嫌気が差した」と述べた。 「彼(トランプ)は今後、自分が孤立の度を深めていることに気付くと思う」とヘイリーは述べた。「現に彼のビジネスはすでに悪影響を被っているはずだ。本来持っていたはずのいかなる政治的可能性も(議会襲撃事件で)失ったと思う」 マコネル院内総務の発言の破壊力 最も持続的な影響力を持っているのはマコネルの発言かも知れない。無罪に票を投じつつトランプを批判したことで二兎を追ったような印象を与えたかも知れないが、彼の発言は共和党の政治家にとって、成功が欲しければ単にトランプ寄りであればいいというのはもはや真実ではないことを示唆している。 「彼は無罪放免になったわけではない」とマコネルは言った。つまり在任中の行為を巡ってトランプが、刑事・民事の両方で訴えられる可能性はまだあるとはっきり述べたわけだ。トランプは刑事訴追への懸念を口にしたと伝えられており、実際にジョージア州で選挙結果を覆そうとした問題を巡って刑事捜査の対象になっている。また、ニューヨーク州の検察当局も彼のビジネスに関連して刑事捜査を行っている。 マコネルがトランプと距離を置いたことについて世論調査専門家のスタンリー・グリーンバーグは、共和党内の「内戦」が始まるきっかけになりうると述べた。ただしマコネルが勝利するとは限らない。 「マコネルのスピーチの重要性は、ひどく過小評価されていると思う」と、グリーンバーグは電子メールで述べた。「あのスピーチは、ドナルド・トランプを莫大な費用がかかる民事および刑事訴追で締め上げてくれ、という司法省と州当局への合図だった」 マコネルは票の読み方を心得た老練な政治家だ。2月13日の夜のポリティコの取材に対し、共和党の大統領候補を決める予備選挙でトランプが反対するかもしれない候補者を出すつもりだ、と語った。「私が気にするのは当選の見込みがあるか否かだけだ」 ということは、マコネルはトランプを政治的に有害な存在と見なし始めていると推測できる。「トランプ大統領に議事堂乱入事件を引き起した実質的かつ道徳的責任があることは疑いの余地がない」と、彼は1月6日の暴動について述べた。 「議事堂を襲撃した人々は、トランプの望みを叶えるために行動していると信じていた。『影の政府』がアメリカを乗っ取ろうとしていると何週間も煽り続けたあげく、それを信じた聴衆が暴徒と化したとたんに驚いたふりをするとは、自由世界の指導者である大統領のすることではない」 トランプ切り捨ては可能? トランプを厳しく批判したことによって、マコネルは共和党を守った。それは自分自身の政治的将来を危険にさらす覚悟のうえの選択だった、とブルッキングス研究所の民主党ストラテジスト、エレイン・カマルクは指摘する。「有罪判決に加担しないことで、彼は共和党の仲間を守った」と、カマルクは言う。「そして党のためにトランプを悪者にすることに決めたのだ」 マコネルや他の共和党幹部がトランプをうまく切り捨てられるかどうかという問題は、まず2022年の中間選挙で問われることになるだろう。彼らはトランプに嫌悪感を抱いているが、多くの共和党員はトランプの政策と世界に対する姿勢を支持し続けている。 「残念ながら、一度のスピーチでトランプから影響力を奪えるかどうかは、私にはわからない」と、保守的なシンクタンク、アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のダニエル・プレツカは電子メールで述べた。 おそらくトランプの最も忠実な閣僚だったポンペオは、トランプ後継の有力候補かもしれない。退任以来、ポンペオはトランプのおかげで今日のアメリカは「4年前よりずっと安全」になったし、「アメリカは世界で信用を回復した」と主張してきた。中国の習近平国家主席と2時間にわたって電話会談したバイデンには、中国に「正面から」立ち向かえと迫った。 ===== ホーリーは少なくとも外交政策ではタカ派で、トランプの根拠のない「選挙泥棒を止めろ」運動と議事堂への行進を擁護したことで共和党内各方面から非難され、党内で築いた地位から転落した。 ヘイリーは、国連での仕事ぶりからすると、より穏健なアプローチを取るかもしれない。ヘイリーはイスラエルの首都をエルサレムに移すといった対立的なトランプの政策を擁護する一方で、北朝鮮に対する安全保障理事会の制裁を成立させるなど国連周辺では有能で理性的な外交官と見なされている。 もしトランプが本当に共和党の主流から外されることになれば、リチャード・バー(ノースカロライナ州)、スーザン・コリンズ(メイン州)、リサ・ムルコフスキ(アラスカ州)、ベン・サッセ(ネブラスカ州)、パット・トゥーメイ(ペンシルベニア州)、ミット・ロムニー(ユタ州)など、トランプ有罪に票を投じた他の共和党穏健派が、党内で活動する余地が増えるかもしれない。 From Foreign Policy Magazine