<ソフト開発者が遊びで作った仮想通貨のロゴは柴犬キャラ「ドージ」で、元は日本のブログに登場した柴犬「かぼすちゃん」> 米電気自動車メーカー、テスラのCEOで、何かと話題を振りまくイーロン・マスク。彼の冗談が、仮想通貨ドージコインの市場を動かした。 このコインは2013年、あるソフトウエア開発者が遊びで作ったもの。ロゴはネットで人気の柴犬キャラ「ドージ」(元は日本のブログに登場した柴犬「かぼすちゃん」)。 商取引には使えないドージコインだが、おふざけの仮想通貨は笑いを取れれば十分。マスクは1月末、ファッション誌ヴォーグをパロディーにした偽の雑誌ドーグの表紙写真をツイートしてみせた。 さらに2月1日、音声SNSのクラブハウスでこう語った。「ドージコインが未来の地球の基軸通貨になったらなんて愉快だろう」。これが人気に火を付け、同日の最安値0.0334ドルが10日には一時0.0811ドルに急騰した。 主流の仮想通貨ビットコインが2月上旬に最高値(当時)を付けたのも、テスラがビットコイン15億ドル分の購入などを明らかにした後だった。 <本誌2021年2月23日号掲載>