ソフトバンクは2月15日からLTE周波数帯の700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯を利用した5Gサービスを開始すると発表しました。 ソフトバンクはこれまで、28Ghz/3.7GHz帯にて5G通信を提供していました。そして今回の700MHz/1.7GHz/3.4GHz帯が5Gに利用されることで、さらに5Gサービスの提供エリア/顧客数が増えることになります。