<米民主党は政権交代に成功したが、世界中、ポピュリスト政権を野党が選挙で蹴落とした例はごくわずか。なぜ勝てたのか。選挙戦で最も重要だったのは「過激に走らない程度の大胆さ」だった> (2月16日発売の本誌「ポピュリズム2.0」特集より) 独善的なポピュリストを選挙で追い落とすのは楽じゃない。先の米大統領選に関する多くの論評には、この点への言及が欠けていた。 世界中を見渡しても、独善と独断ゆえに大衆の支持を勝ち得た(つまり一度は選挙に勝った)指導者を、次の選挙で野党陣営が蹴落とした例はごくわずかだ。 こういう人物は規範を破り、大衆の怒りをあおり、良識的なやり方を無視することで支持者を熱狂させ、権力基盤を固める。 いい例が中南米諸国で、この手の人物が長く権力を掌握してきた。1980年代以降に選挙で政権を追われたのは2人だけだ。ニカラグアのダニエル・オルテガ(1990年)とドミニカ共和国のイポリト・メヒーア(2004年)。それ以外の独裁者は、選挙に勝っても別な理由で退任を強いられた。 軍の圧力を受け辞任したモラレス REUTERS - ボリビアのエボ・モラレスは2019年に軍の圧力で逃げ出し、ペルーのアルベルト・フジモリは2000年に自身への批判の高まりを受け日本に事実上の亡命。コロンビアのアルバロ・ウリベは2010年に憲法の規定で大統領選への再出馬を阻まれた。 こうして見ると、昨年の米大統領選で民主党が政権交代に成功したのは、世界的に見ても異例なことだった。 しかしアメリカの特殊事情はさておいても、これだけは言える。党の団結と有権者の動員、そして過激に走らない程度の大胆さがあれば、私たちは危険なポピュリズムの支配に選挙で勝てる。 ただし、民主的な諸制度が独善的ポピュリズムに勝ったと思うのは間違いだ。もちろん、トランプ政権の成立後もアメリカの司法制度や社会、報道機関が独立を維持し、大統領の権力乱用を抑制するのに役立ったのは事実。しかしトランプ政権下で、これらの民主的諸制度が力をそがれたのもまた事実だ。 だからこそ大勢の国民がトランプの主張を受け入れた。そしてトランプ自身(そして共和党議員の多く)が今も、あの選挙は「盗まれた」という主張を下ろしていないところを見ると、トランプ派は今後も一定の影響力を保ち続けるとみたほうがよさそうだ。 市民からの批判を受け任期途中で退任したフジモリ DAVID MERCADO-REUTERS 大事なのは反対勢力の団結 言い換えれば、独立した司法機関や市民社会、報道などの民主的な制度だけではトランプを、そしてトランプ主義を打ち負かすのは無理だった。選挙で勝つには他の手助けが必要だった。ここに、独善的ポピュリストと戦う他の諸国でも役立つ教訓がある。 ===== まず、勝つには団結が必要だ。独善的ポピュリストが権力を握ると、反対勢力は分断されやすい。ポピュリストの政権下では国民に怒りや不満がたまり、反政府勢力が増えるのは自然な流れだ。 しかしポピュリストに敵対する勢力はイデオロギー的に多様だ。左派もいれば右派もいるし、中道派もいる。だから一本化するのが難しい。 こうした反政府派がそれぞれの党派を形成し、いがみ合うようでは選挙に勝てない。反政府派が割れていたら、権力を握ったポピュリストとその熱烈な支持者には勝てない。 元祖ポピュリスト政治家のベネズエラのウゴ・チャベス CARLOS GARCIA RAWLINS アメリカの場合、民主党は団結を実現してトランプに勝利した。急進的な左派を排除せず、保守的な穏健派も取り込み、過去の共和党政権に仕えた外交官や財政のプロも味方に付けた。 強力な二大政党制を前提とするアメリカの選挙制度が効いたのも事実だ。州ごとに過半数を制した者が当該州の選挙人を総取りする仕組みがある限り、州単位で過半数の票を勝ち取れる見込みの薄い小さな政党は存立しにくい。 一方、選挙戦で最も重要だったのは「過激に走らない程度の大胆さ」だ。極端に走って分裂することを避けつつ、古い殻を破る大胆さを民主党は持ち合わせていた。 穏健派の白人男性ジョー・バイデンを大統領候補に選び、アジア系とアフリカ系の血を引く女性カマラ・ハリスを副大統領候補に選んだのがその証拠。この選択は人種とジェンダーの殻を破るものだったが、一方でアメリカの築き上げてきた伝統を(破棄して一新するのではなく)守るというメッセージを送るものでもあった。 まだ完全な勝利ではない 全国的に盛り上がった抗議活動への対応も、過激に走らない程度に大胆だった。熱狂的な支持者に支えられた独善的なポピュリスト政権は、ともすればそれ以外の人たちを露骨に無視する。 だからトランプ流の男性上位主義とセクハラ黙認の姿勢には女性たちが猛反発し、警察による黒人への暴力には人種の壁を越えた抗議運動が起きた。 しかし、こうした抗議活動への対応は難しい。時には反政府勢力への追い風になるが、暴動や略奪まで行けば逆風になる。 だが今回の民主党はうまく立ち回った。抗議の声は支持しつつ、そのエネルギーを街頭行動から投票行動へ、巧みに誘導することに成功した。 ===== 選挙を利用して権力を握ったトランプが、自由な選挙を完全に否定することはできなかった。そして民主党は、その機会を最大限に利用した。 新しい有権者(若者)や無関心層に積極的に働き掛け、前回はトランプに投票したけれど心変わりした共和党穏健派(主として郊外在住の女性有権者)を取り込んだ。新型コロナウイルスへの感染予防で、期日前投票や郵便投票を促しもした。 結果として、これが効いた。投票後の出口調査によれば、これまで以上に多くの新規有権者や穏健派が民主党に投票したし、前回はトランプを支持した有権者の多い郊外でも得票率を約4.6ポイントも伸ばした。 しかし、民主党の勝利が完全なものでなかったことも忘れてはならない。トランプ主義とその支持者は今も残っている。 むろん、予想できたことではある。ひとたび権力の味を占めた独善的ポピュリズムは、そう簡単には衰退しない。彼らは強力な反政府勢力として残り、次なるチャンスをうかがい、選挙を「盗んだ」連中を倒せと叫び続ける。 だから民主党は、優れた統治とクリーンな政府、そして国民の経済的ニーズへの対処だけでトランプ流ポピュリズムに対抗できると考えてはいけない。この勝利を維持したいなら、常に選挙を意識し、多数派を形成することだ。多様なチームを受け入れ、身内の過激な意見にブレーキをかけることだ。 言うまでもないが、有権者の票も党の団結も座して手に入るものではない。次の選挙でも手に入れたいなら、肝に銘じるべきだ。独りでは勝てないのだと。 From Foreign Policy Magazine <2021年2月23日号「ポピュリズム2.0」特集より>