<かつてロシアが東アジアから連れてきたタヌキが、ヨーロッパ各地に広がり、地域の生態系を乱す存在として問題になっている......> ヨーロッパのルクセンブルグで、野生のタヌキの存在が初めて確認された。タヌキはもともと日本を含む東アジアにのみ生息する動物だ。そのタヌキがなぜルクセンブルグに? その経緯をただってみると、タヌキの受難の歴史が浮かび上がってきた。 ロシアでは毛皮の材料だった タヌキの生息が確認されたヨーロッパの国はルクセンブルグだけではなかった。1975年にはフランス東部で(ル・モンド)、1997年にはスイスで(フランス・ナチュール・アンヴィロヌマン, 2009/6/8)、2007年にはベルギーで(シュッド・アンフォ, 2013/6/27)、それぞれ最初のタヌキが確認されている。 もともと極東に生息していたタヌキを西方に連れてきたのは旧ソビエト連邦だ。1929年から1955年にかけて9000頭近くを、毛皮採取を目的にロシア西郡とウクライナの飼育場へと運んだのだ。 やがてタヌキの毛皮が下火となった時代、不要になった飼育場から逃れたり放たれたりしたタヌキは、徐々に西方へと移動した(RTL 5 minutes)。その結果、この50年でタヌキはヨーロッパ広域に広がり、その生息域は2倍の広さになった。 ヨーロッパでは馴染みの薄い動物 しかしながら、タヌキはヨーロッパではまだマイナーな動物だ。英語名(Raccoon dog(ラクーンドッグ))やフランス語名(chien viverrin(シアン・ヴィヴラン))を聞いてピンとくる人はほとんどいない。夜行性であったり、イヌ科で唯一冬眠する動物だったりするため、人目に触れる機会が少ないのも原因だろう。 ヨーロッパの各メディアも、「イヌ、アナグマ、アライグマ、キツネを混ぜたような四本足の」動物だとか「キツネの大きさに、アナグマのような身体つき、イタチ科のような短い脚、そしてアライグマを連想させる毛の色」などと、タヌキの外見説明に苦労している。 公衆衛生上の問題を起こし得る有害な侵入種 1950年代、タヌキはようやく毛皮飼育から逃れたものの、その後、地域の生体多様性に悪影響を及ぼすとみなされるようになった。 スイスのべルン大学のナントウィッグ教授は、「(タヌキが)広がる場所では鳥の個体数が大幅に減少し(中略)生態系の重大な不均衡を生み出している」(スイス・アンフォ, 2004/9/28)と憂慮する。また、ベルギーのアン動物園コーラー副園長は「(タヌキの存在は)ベルギーの生態系を危険にさらす。なぜなら、キツネなど他の動物の食糧を摂取するからだ」(RTBF, 2016/7/15)と発言している。また、タヌキが狂犬病の媒介動物になる危険性も指摘されている。 ===== 捕獲、狩猟、殺処分の対象 そのため、EU加盟国は、国土内でのタヌキの繁殖拡大をできるだけ防ぐように求められ、それぞれ策を講じている。 ドイツは個体数調整のために(タヌキを)毎年3万頭屠殺しているし、ルクセンブルグでは、タヌキの狩猟が、3月1日から4月15日の休猟期間を除いて一年中可能である。 フランスでもタヌキは、害獣リストに名を連ねる。つまり、2004年3月24日法令によって、「一年中、国内どこででも、罠にかけて捕獲してよく、狩猟期間は、知事の許可を得て撃ち殺してかまわない」動物とみなさることになった。 ちなみに、日本でも、タヌキは正式な手続きを経た狩猟の対象となる野生鳥獣に含まれる(環境省サイト、狩猟制度の概要)。しかし、それ以外の捕獲は、鳥獣保護管理法により禁止されている(環境省、鳥獣保護管理法)。 東アジアからヨーロッパに連れていかれたタヌキの受難は未だ終わらない......。