事故削減のために 今でも事故が耐えない、踏切。そんな踏切の安全性を向上させるため、JR西日本は「第4種踏切の踏切ゲート」を開発しました。