<フォントにはデザインの美しさだけでなく、歴史的な思いも込められていた> ここ数年、韓国ではハングルのフォントの無料配布がブームである。とくに10月9日の「ハングルの日」前後には様々な企業が自社でデザインしたフォントを無料配布するニュースを見かけることが多い。 「ハングルの日(한글날)」は、1927年に韓国で制定された。1970年から1989年まで祝日だったが、1990年からは平日になっていた。しかし、2012年に休日再指定案が発議され、2013年には休日として復活している。趣旨としては、ハングルを作り出した朝鮮王朝第4代国王の世宗大王を称える日であるともに、ハングルを世界に広めようという日でもある。 そういった「ハングルを普及させる」という意味でも、ここ数年ハングルの日に合わせ、様ざまな企業や団体がマーケティングの一環としてユニークなオリジナルフォントを一般に向けて無料配布しているのである。 "韓国っぽ"な鯛焼きアイス「プンオッサマンコ」のフォント ユニークなフォント配布の一例を紹介しよう。韓国旅行に行ったことある人や、韓国映画・ドラマを見たことある人にはおなじみのバナナ牛乳。これを発売している韓国の食品メーカー「ビングレ」社は、ここ5年連続で自社製品のためにデザインされたオリジナルフォントを専用サイトで公開している。 去年のハングルの日には、1991年から販売している鯛焼きのような人気アイスクリーム商品「プンオッサマンコ」のロゴフォントが配布された。太字で丸々としてかわいい文字はユニークで、5カ月経った今でも人気で、多くの人にダウンロードされているという。ちなみにビングレ社のフォントにはハングルのほか、半角英数字、そしてなんとひらがなとカタカナも含まれているので、気になる人は実際に使ってみると面白いだろう。 民族の誇りが込められたフォントも 文字に熱い思いが込められたフォントを無料配布しているのは、忠淸南道の天安市にある「独立記念館」だ。1月27日、独立記念館は館内で使用されているオリジナルフォントを一般ダウンロードできるように公開すると発表した。 記念館内で使われているフォントがオリジナル製作された物だということもびっくりだが、実はこの字体、韓国内の民族運動を世界に知らせようと発行された「独立新聞」上海版と、在米韓国人向けの新聞「新韓民報」の字をモチーフに作られているという。 当時の印刷用ハングル・フォントを元に、現代でも読みやすくデザインされた書体であり、館内の展示説明やパンフレットに使用されている。独立運動の精神を伝えようという気持ちが1文字1文字に込められている力強いデザインだ。今でも独立記念館の公式ホームページやネイバーフォントでダウンロードできるようになっている。 ===== 年老いてから読み書きを学んだおばあちゃんたちの手書き文字がフォントに。JTBC News / YouTube 読み書きできるようになったおばあちゃんのフォント このように、フォントブームは続いているのだが、その中でも最近注目を集めているのが「おばあちゃん」フォントである。 慶尚北道の漆谷郡では、幼少時代に日本語を習い、その後日本の統治が終った後も学校に行くことが出来ずに、読み書きを習えなかった老人対象の教室が開かれてる。とくに、当時女子は教養を必要とされなかったという社会背景もあり、生徒はおばあさんら女性ばかりだ。 はじめは自分の名前さえも書くことが大変だったそうだが、だんだんと読み書きの楽しみを知り、おばあさんたちは自分の文字で詩を書き始める。それらをまとめ2015年から詩集を出版し、さらにその収益を貧困によって学習が難しい子供たちへの基金に寄付しているという。2019年には、そんなお婆さんたちを追ったドキュメンタリー映画『Granny Poetry Club(칠곡 가시나들)』が上映されて韓国内でも注目を浴びるようになった。 そして漆谷郡は、昨年6月から「おばあちゃんのフォント」の開発を始めた。生徒である74歳から86歳のお婆さんたち5名は、4カ月の練習をして臨んだそうだ。ハングル文字はもちろん、数字やアルファベットもコンピューターで読み取りデザインされている。漆谷郡は、無料配布だけでなく自治体のパンフレットやイベントの横断幕、チームTシャツなどのロゴにも活用していくと発表している。 この味のある「おばあちゃんフォント」に真っ先に反応を見せたのが、Z世代と呼ばれる若者たちである。オンラインでの反応を見てみると、「字を見ていると、おばあちゃんに会いに行きたくなった」「文字の大事さを改めて感じた」という声が集まっている。 現在、スマートフォンとパソコンで使用可能にできるように開発を進めており、近日中にも一般ダウンロードができるようにする予定だという。 「文字を書く」ことよりも、キーボードやスマートフォンの画面で「文字を打つ」ことの方が多くなった。とくに社会人になってからはすっかり「手書き」で文字を書く機会が減ってしまったように感じる。しかし、この風潮が逆に手書きの暖かさを見直すきっかけとなっているのかもしれない。 映画界はスマホ時代に手書きのタイトルロゴを再評価 そう考えてみれば、韓国の映画のポスターのタイトルロゴは、日本映画に比べ手書きで書かれているが多い。アクション映画の荒々しい字体はもちろん、韓国では「ポエトリー アグネスの詩」や「牛の鈴音」など情緒あふれる映画のタイトルロゴも有名である。昔から多い方ではあったが、特に2000年代後半ごろからポスターデザイン業界でブームとなり急増した。iPhoneが登場しスマートフォンを手にしだしたころから、人びとは「書く文字」を求め始めたのかもしれない。 日本で韓流ブームから始まり、韓国ブームが定着してもう10年以上がたつ。韓国語を第二外国語として教える学校も増え、若者の間ではハングルを理解できる人も多いのではないだろうか? プリクラやインスタグラムのストーリーズなどでは、日本人の写真にハングル文字がデコられた写真を見かける機会も増えた。 実際に美しくハングルを書いてみたいと思う人も増えたのであろう。昨年10月には「日本ハングル書芸・カリグラフィー協会」も発足されている。それだけ手書きに注目が集まっている証拠だろう。 今、様ざまな無料ハングル・フォントが配布されている。韓国語に興味がある方は、ぜひ色々ダウンロードし使って見てほしい。その文字の裏にあるストーリーに触れてみるのも、また語学の楽しみにつながるのではないだろうか。 ===== 食品メーカー、ビングレのポップなフォント 鯛焼きのようなアイス「プンオッサマンコ」のフォントなどポップなフォントを公開しているビングレ。 빙그레TV / YouTube "ハルモニ"(おばあちゃん)のフォント 年老いてから読み書きを学んだおばあちゃんたちの手書き文字がフォントに。 JTBC News / YouTube