東京都は3月3日、都内で新たに316人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。これは先週2月24日 水曜日の213人と比べて103人の増加となった。 こうしたなか、3月7日までが期限だった首都圏の緊急事態宣言について、菅義偉首相は3日夕方、2週間程度の延長が必要との考えを示した。今日の都内の新規陽性者の増加は菅首相の判断にも影響を与えた形となった。 東京都は3月3日、都内で新たに316人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 この日確認された陽性者の内訳は、 10歳未満:7人(約2%) 10代:9人(約3%) 20代:65人(約21%) 30代:50人(約16%) 40代:40人(約13%) 50代:33人(約10%) 60代:33人(約10%) 70代:35人(約11%) 80代:28人(約9%) 90代:15人(約5%) 100歳以上1人(約0.32%) となっている。また65歳以上の高齢者は91人となっており、全体の29%を占めている。 また、重症者は前日の54人に対して2人減って52人となっている。 これで東京都内で確認された陽性者の累計は112,345人となった。 新規陽性者が増加したことから、入院・療養等調整中も518人と増加している。 またPCR検査などでの陽性率は7日間移動平均値をもとに算出した3月2日の数値は前日の3.2%と低下している。 ===== 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス重症者数 東京都・新型コロナウイルス新規陽性者・年代別内訳 現在の患者数 感染第3波以降の各曜日別の新規陽性者の推移 感染第3波以降の患者数の推移 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果