<自動車の保有台数が多い地方ほど、1日あたりの平均歩数は少なくなっている> コロナ禍で巣ごもり生活が続くなか、国民の運動不足が懸念されている。高齢者では、フレイル(身体の虚弱化)の進行も怖い。 政府は適度な運動の実施を呼び掛けているが、国民も危機感を抱いているようで、昨年に週1回以上運動・スポーツを実施した人の割合は59.9%と過去最高だったそうだ(スポーツ庁)。とくにウォーキングや体操などに取り組む人が増えている。 健康維持のためなら、無理をしてジョギングなどをする必要はない。ちょっと汗ばむ程度の速歩で事足りる。よく言われるように、歩くのも立派な運動だ。政府も国民がどれほど歩いているかに関心があるようで、厚労省の『国民健康栄養調査』では、成人男女の1日の平均歩数が算出されている。 2016年の資料によると、20〜64歳の1日の平均歩数(年齢調整値)は男性が7779歩、女性が6776歩となっている。男性のほうが外に出る機会が多いので、歩数は多いのだろう。都道府県別の統計表も出ていて、それによると東京都の男性は8611歩であるのに対し、筆者の郷里の鹿児島県は7296歩だ。これは肌感覚で分かる。地方では車を使う頻度が多いためだろう。 全都道府県を歩数で塗り分けた地図にすると、一定の傾向性が見えてくる。<図1>を見ていただきたい。 都道府県別に見ると、男性の1日の歩数は5647歩から8762歩までの開きがあり、歩数が多い県に色をつけると都市部が色に染まる。太平洋ベルト地帯で色が濃い。「都会は歩く」。この傾向が見受けられる。公共交通網が発達しているので、移動は電車やバスが主流だが、乗り換えや広い駅構内があり、意識はせずとも結構歩いているものだ。 対して地方はクルマ社会で、100メートルほどの距離しかないコンビニに行くにも自動車を使ってしまう。筆者は鹿児島と東京の生活を知っているので、このコントラストはよく分かる。筆者の親族は上京してくるといつも、「東京では歩かされる」と苦笑いしていた。 ===== 各県の自動車保有台数は、平均歩数と相関している。横軸に1000世帯当たりの自動車保有台数、縦軸に成人男性の平均歩数をとった座標上に、46の都道府県を配置すると<図2>のようになる。ドットの大きさで人口量も表した。 明瞭ではないものの、自動車保有台数が多い県ほど歩数が少ない傾向にある。大都市の東京や大阪は、自動車台数が少なく平均歩数は多い。2つの指標の相関係数は-0.53で、歩数が際立って少ない高知を外れ値として除くと相関係数は-0.6を超える。 地方では車は必須とも言えるが、あまりに依存しすぎるのは考えものだ。加齢に伴い、やがては運転できなくなる。家族の意向などで運転免許を返納させられ、鬱になってしまう高齢者もいるというが、車がサンダルのような感覚になっているとこのような事態が起きる。車の用途を見つめ直し、近場に行くときは歩きたいものだ。クルマ依存も、スマホ依存に劣らず怖い。 <資料:厚労省『国民健康栄養調査』(2016年)、 総務省『全国消費実態調査』(2014年)> =====