カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、慢性痛の有望な治療法の研究成果について発表しました。この治療法は痛みを感じる遺伝子の機能を低下させるものです。