<英イングランド地方の夜空を特大の火の球が照らし、住民たちは騒然となった。この大火球は研究者たちをも驚かせることになる。地上に落下して隕石となったその破片に、生命の源となり得る物質が含まれていたのだ> 特大の流星(火球)が現地時間2月28日の夜10時前、イングランド南西部の静かな夜空に突然姿を現した。彗星のような黄緑色の尾を引きながら6秒ほどにわたり輝き、やがて地上方向へと姿を消している。 非常に明るい閃光を放っており、目撃範囲はイギリス国内に留まらない。宇宙関連情報を扱う『スペース・コム』は、アイルランドからオランダに至るまで広い範囲で観測されたと報じている。流星の観測情報を統括する国際流星機構には、900件を超える目撃情報が寄せられた。 Meteorite was seen in all cities of England, footage of the meteor falling over London, Bristol ロンドン自然史博物館のスタッフが主催する「イギリス火球連合」ではまさに今回のようなケースに備え、観測用のカメラ30台以上を運用している。その甲斐あって、うち6台が今回の大火球を捉えることに成功した。さらに一般の市民からも、ドライブ・レコーダーや監視カメラなどに映り込んだ鮮明な光跡の映像が寄せられている。こうした映像を分析したところ、当時の速度は時速約4万8000キロに達していたことが明らかとなった。宇宙デブリやミサイルなどにしては速すぎるスピードだ。 チームは映像をもとに宇宙空間での元々の軌道を割り出し、主に火星と木星の付近を楕円状に周回していたことが判明した。これらの事実をもとに科学者たちは、閃光の正体は大気圏に落ちた小惑星だとの推論に至る。しかし、この時点では多くの人々がその希少さに気づいていなかった。 ドスンという衝撃で住民目覚める 小惑星は大気との摩擦で激しく燃焼したものの、燃え残ったいくつかの破片が地上に到達した。その多くは、イングランド地方のコッツウォルズに位置するチェルトナムの町の近郊に降り注いだものと見られる。同地はロンドンから電車で2時間少々の場所にあり、温泉保養地として知られるほか、競走馬の祭典でも有名な美しい田舎町だ。 突然の隕石の飛来に、のどかな町の住人たちは大いに驚いたことだろう。英テレグラフ紙は、隕石の発見の経緯を次のように報じている。「コッツウォルズに住むある一家がぐっすりと眠り込んでいたところ、ドスンという凄まじい音で目が覚めた。この時点では彼らはその原因となる物体が、地球上で生命が形成された経緯を解き明かす鍵になるかもしれないことなど知る由もなかった」。民家の敷地内の車道に激しく衝突し、それに気づいた一家が回収したようだ。 見つかったのは親指の先より一回り大きなサイズのゴツゴツとした石で、色はかなり黒く、まるで敷きたてのアスファルト道路のような色合いをしている。一家の行動のおかげで隕石は風雨にさらされることなく、ロンドン自然史博物館に運び込まれる。分析結果は驚くべきものだった。 ===== 研究者「言葉にならない」 はやぶさ並みの貴重な試料か ロンドン自然史博物館の分析により、今回の隕石は思いがけず貴重なものであることが明らかになってきた。当該の隕石は炭素質コンドライトと呼ばれるタイプのもので、アミノ酸など有機物質を豊富に含んでいる。アミノ酸とその他の有機物は、生命の「原料」とも言える存在だ。テレグラフ紙は、「そのため、(今回の隕石は)地球上での生命誕生と私たちの太陽系の初期の歴史の謎を解き明かす上で、きわめて重要なツールとなるかもしれない」と述べ、極めて重要なサンプルだと捉えている。 専門家たちも、予想外の展開に驚きを隠さない。ロンドン自然史博物館はリリースを発表し、「この隕石は信じ難いほど希少なものです。これにより当科学館の研究者たちは、およそ46億年前に太陽系が形成されつつあった当時、太陽系がどのような姿形をしていたかを垣間見ることができるでしょう」と述べている。 世界ではこれまでに6万5000個ほどの隕石が確認されているが、炭素質コンドライトだと確認された個体はそのうち51個にとどまり、割合にして0.07%に過ぎない。さらに今回の隕石は、JAXAの「はやぶさ2」およびNASAの「オシリス・レックス」が回収対象としている試料の成分とも非常に近い。このためロンドン自然史博物館の研究者は「心が揺さぶられるくらい素晴らしいことだ」「興奮で言葉にならない」と感情豊かにコメントしている。 JAXAの解説によると、「はやぶさ2」が目指した小惑星リュウグウも、多くの炭素質コンドライトの飛来元と考えられるC型小惑星だ。2020年12月には5.4グラムの砂を持ち帰り、当初の目標の50倍の量という快挙に世界が沸いた。今回は突如として300グラム弱のサンプルが地球に飛び込んできたということになるため、科学者たちの興奮は想像に難くない。生命と太陽系の起源の謎に迫るべく、今後さらなる分析が期待される。