<〇〇○〇〇○〇〇○〇〇○〇〇○〇〇○> 21時台に歩いていた女性が誘拐・殺人の犠牲に 3月上旬、英ロンドンで女性が行方不明になり、その後現職の警察官が殺人容疑で逮捕されたことで、女性への暴力撲滅や街の安全を求める動きが女性を中心に英国で広まっている。 きっかけは、サラ・エバラードさん(33)が3日、南ロンドンの友人宅からブリクストンの自宅まで歩いて帰宅しようとした後、行方不明になったことだった。通常であれば50分で到着する道のりだったが、21時半にクラパムで監視カメラに映ったのを最後に、足取りが分からなくなっていた。 現職の警察官が9日、エバラードさん誘拐および殺害の容疑で逮捕された。10日に遺体の一部が発見され、12日にエバラードさんであることが確認された。 恐怖と隣り合わせの女性たち この事件を受け、ツイッターでは女性が夜間外出時にいかに危険を感じるかを訴える声や、一人歩きをしている際に後をつけられたり嫌がらせをされたりしたといった経験談が多く共有され、エバラードさんの名前が英国でトレンド入りした。 また、身を守るために講じる手段についても、多くの女性がツイートした。「遠回りになっても明るい道を選ぶ」「鍵を握りしめて、指の間から鍵の尖った部分を出す(武器として使えるように)」「逃げ込めるお店を見つけておく」「(イヤフォンの)音楽をとめるか音量を下げる」「髪を隠す」「ポニーテールはつかまれるから髪を下ろす」「電話で誰かと話しているふりをする」「何かあったときに走れるようスニーカーを履く」などがあった。 しかしエバラードさんは消息を断つ前、歩いている間に彼氏と電話で15分ほど話していたとされている。また、監視カメラに映った姿は、帽子を深く被って目立つ色の服を着ており、足元はスニーカーだった。つまりエバラードさんも、一般的に身を守る手段とされる手立てを講じていたようだった。 こうしたことから、「明日は我が身」と不安に感じた女性が多かったようだ。スカイニュースのケイト・マッキャン記者は、「サラ・エバラードさんの身に起きたことが多くの女性の胸に突き刺さった理由は、彼女と同じ計算を私たちも毎日しているからだ」とツイート。10万9000件のいいねを集めた。 ちょうど同じ時期、英国での性的嫌がらせに関する国連の報告書が発表された。国連ウィメンUKが今年1月に1000人以上の女性を対象に行った調査で、公共の場で性的嫌がらせを受けた経験がある人は71%に達することが分かった。18〜24歳の場合、この数字は86%に跳ね上がる。報告書によると、この違いは世代によって何が性的嫌がらせになるかの認識が異なることだとしている。 ===== 一方で、女性を不安にさせないために男性にできることはないか?というスチュアート・エドワーズさんのツイートに対し、肯定的な反応が多く集まった。「女性の後ろを歩く形になってしまったら、通りの反対側に移動してくれるだけで不安がかなり軽減される」という意見が多くあったほか、「こういう質問をしてくれて嬉しい。男性同士でぜひ話し合ってほしい」などの声もあった。 容疑者は現職の警察官 今回の事件は、逮捕されたウェイン・カズンズ容疑者が安全を守る立場であるはずの警察官だったことが、衝撃をより大きなものにしている。容疑者は、首相官邸や国会議事堂、外国大使館などを警備する部隊に所属しており、銃の携帯も許されていた。英紙メトロによると、エバラードさんが行方不明になった当日、容疑者は午後2〜8時まで米国大使館を警備していたという。エバラードさんが最後に目撃された時間は、勤務時間外だった。 今回の事件を受けて、ハッシュタグ「Reclaim These Streets(通りを取り戻そう)」が作られ、13日には同名の追悼集会が予定された。集会の企画者側は米CNNに対し、「サラのための追悼集会ではあるが、安全だと感じられないすべての女性、行方不明になったすべての女性、暴力に毎日直面しているすべての女性に対する祈りの集会でもある」と話していた。 しかし新型コロナウイルスを理由に警察から集会の許可が下りず、当日はオンラインで追悼するよう呼び掛けられていた。しかし結局は、集会が予定されていたクラパム・コモンに多くの人が集まり、英CNNによるとその中にはキャサリン妃の姿もあった。 15日には国会広場前で2度目の大規模な集会が行われたほか、英BBCによると英国全土でエバラードさんの追悼集会が行われている。 今回の事件を受けて、ボリス・ジョンソン首相やロンドンのサディク・カーン市長は、それぞれ哀悼の意を表明。また英政府は、女性の身を守るための方策を発表した。街灯や監視カメラを増やすほか、私服・制服の警官によるナイトクラブやバー近辺のパトロール強化も試験的に行うとしている。