<台湾では3回まで改名ができるが、あまりの騒動に政府が「冷静に」と呼び掛ける事態に> 台湾で店舗を展開する日本の回転寿司チェーン「スシロー」が今週、「サケ(鮭魚)」という名前の人を対象に、グループでの食事を無料にするキャンペーンを実施したところ、台湾全土で少なくとも186人がサケに改名する騒動になった。 2350万人が暮らす台湾で、この社会現象は「サーモンカオス(混乱)」と呼ばれている。きっかけは、今週「スシロー」が17〜18日の2日間のキャンペーンを発表したことだった。 【愛的迴鮭,尋人啟事|「ㄍㄨㄟ」「ㄩˊ」在哪裡,快點迴家吧!】 吃鮭魚,找「ㄍㄨㄟ」「ㄩˊ」 千呼萬喚站出來,壽司郎尋的就是你! 3/17~3/18止,至全台壽司郎櫃位 只要姓名中有「ㄍㄨㄟ」、「ㄩˊ」同音字者 同音一字享9折,同...台湾スシロー 台灣壽司郎さんの投稿 2021年3月14日日曜日 (台湾スシローのキャンペーンFB投稿) このキャンペーンでは、中国語でサケを意味する「鮭魚(gui yu)」と全く同じ名前の人は、スシローの店舗での食事が無料になる(友人5人までのグループでも無料に)。 これを受けて、サケに改名する人が続出。台湾では、3ドル相当の手数料で正式に改名ができる。しかし改名は生涯で3回までしか認められない。 スシローのキャンペーン担当者は、テレビ局ETtodayの取材に対して17日だけで186人の客がキャンペーンの無料サービスを受けたと話した。 同じ読みが入っていても割引に 「社内のまとめでは、17日の閉店時間までに200人近くの『サケ』さんがスシローで食事をした。18日はもっと増えて欲しい。多ければ多いほど成功だ」 担当者はさらに「台湾人はサケが大好き」と説明。キャンペーンは「予想以上に」成功している、と語った。 キャンペーンでスシローは同時に、「鮭魚」と同じ読みの漢字が名前に1文字入っていると10%、2文字入っていると50%の割引も実施した。 地元メディアによると、今回のキャンペーンを合わせて数千人が利用したという。 ===== また、改名する際に「サーモン丼」や「パルメザンチーズ・サーモン」とサケを含んだユニークな名前にするケースもあった。 地元紙、自由時報によると、北部・新北市在住の陳という姓の男性は、今回の改名で最も長い名前となり、IDカードには「陳愛台湾、アワビ、ツナ、サーモン、マツバガニ、ウニ、ホタテ、ロブスター、ビーフ、グランドメイフルホテル、パレ・ド・シンホテル、リージェント、ヒルトン、シーザーパーク、ホテルロイヤル」と書かれている。 經過昨日鮭魚大結義 想必大家都知道,改名原則最多三次。 依據大法官釋字跟《姓名條例》規定, 大家都能自由地擁有喜歡的名字。 一個人原則上有三次改名的機會。 但,請大家慎思愛護自己的好名字, 好好珍惜使用戶政資源! #人民管家內政部 #勤洗手 #戴口罩 #改名內政部さんの投稿 2021年3月16日火曜日 (サケへの改名の自粛を呼び掛ける台湾内政部のFB投稿) また南部・高雄市の22歳の学生は、地元テレビ局TVBSの取材に、サケに改名して5人の友人と一緒に一回で7000台湾ドル(245米ドル)以上が無料になったと話した(スシローでの回転寿司の価格は一皿1ドル40セントから)。 この学生は17日に4回、18日には6回スシローでの食事を予定していると取材に語った。改名について自分の両親には話しておらず、キャンペーンが終了したら元の名前に戻すつもりだという。 また北部・基隆市の警察署では、非番の警察官1人が無料キャンペーンのために「サケ」に改名したが、この警察官も勤務に復帰するまでには元の名前に戻すと同僚に話している。 一方、台湾政府は、一時的な改名のために行政機関の業務を増やさないよう呼び掛けた。 内政部の陳宗彦政務次長(副大臣)は18日、メディアの質問に答えて、人々に「冷静になって欲しい」と懸念を示した。 ===== 【愛的迴鮭,尋人啟事|「ㄍㄨㄟ」「ㄩˊ」在哪裡,快點迴家吧!】 吃鮭魚,找「ㄍㄨㄟ」「ㄩˊ」 千呼萬喚站出來,壽司郎尋的就是你! 3/17~3/18止,至全台壽司郎櫃位 只要姓名中有「ㄍㄨㄟ」、「ㄩˊ」同音字者 同音一字享9折,同...台湾スシロー 台灣壽司郎さんの投稿 2021年3月14日日曜日