<コロラド州で10人を殺害した容疑者の、今は削除されたフェイスブック投稿からわかること> 3月22日にコロラド州ボールダーで起きた銃乱射事件の容疑者は、フェイスブックの投稿から、イスラム教、キックボクシングに興味があり、ガールフレンドを求めていたことがわかった。 コロラド州当局は23日、コロラド州アルバダ在住の21歳、アフマド・アル・アリウィ ・アリッサを、ボールダー市内のスーパーマーケット「キング・スーパース」の店内で発砲し、警察官を含む10人を殺害した銃撃犯と特定し、公表した。 彼は10件の第一級殺人で起訴される、とボールダーのマリス・ヘロルド警察署長は語る。 当局は23日の記者会見で容疑者についてほとんど明らかにしなかったが、容疑者のものとみられるフェイスブックへの投稿から、ある程度の情報がわかった。 フェイスブックのアカウントは、アリッサの名前が容疑者として公表された直後の23日に削除されたが、本誌は削除前に同ページの投稿を確認した。 フェイスブックの広報担当者は本誌に、危険な個人と組織に関連するポリシーに基づき、フェイスブックとインスタグラムから容疑者のアカウントを削除したことを確認した。また、容疑者に属する追加のアカウントや彼の名前で他の人が作成したアカウントを削除し、同社はこの問題については法執行機関と連絡を取っているとも語った。 ガールフレンドが欲しい アリッサのフェイスブックによると、彼はアルバダ西高校を卒業し、2018年にメトロポリタン州立大学(MSU)デンバー校に入学した。 しかし同大学の広報担当者は本誌に対し、彼はMSUデンバーの学生ではなく、過去に在籍していたこともないと語った。 フェイスブックのプロフィール欄と投稿からすると、アリッサはコンピュータ工学とコンピュータサイエンスを学び、キックボクシングとレスリングのファンだ。北米グラップリング協会のものとみられるメダルを数個かけている姿の写真も投稿していた。 投稿のなかには、イスラム教の開祖である預言者ムハンマドの言葉の引用に関する記事もあった。ニュース集約サイト、ヘビー・コムによれば、アリッサは自分のプロフィールに「イスラム教徒は完璧ではないかもしれないが、イスラム教は完璧だ」と書いていたという。 そして、2019年には、ガールフレンドをほしいと訴えた。9月5日の投稿で「#ガールフレンドが必要」と書いていた。 この投稿にはいくつも返信がついた。「アラーの思召しで、あなたが将来の妻を見つけ、幸せな人生を生きられますように」というコメントもあった。 「ガールフレンドは必要じゃない。あなたは若い。彼女を支えることができるよう、まず自立しよう。結婚はそれからだ」というコメントを寄せた人もいた。 ===== アリッサの兄、アリ・アリウィ・アリッサのフェイスブック(やはり23日に削除された)の記事によると、彼の家族はシリアのラッカ出身だ。 アリッサの兄は、家族はコロラド州に20年間住んでいること、そして犠牲者に対して「本当に申し訳ない」と思っていると述べた。当局は銃撃事件後に、家族が住む家の捜索を行ったという。 弟のことは、「非常に反社会的」で被害妄想があり、精神的に病んでいると思っていたと語った。 「(事件は)政治的なメッセージではなく、精神疾患のせいだ」と、兄は言う。「あいつは高校時代にひどくいじめを受けていた。もともとは社交的な子供だったが、高校に行ってからいじめにあって、反社会的になっていった」 アフマド・アリッサのこれまでのフェイスブックの投稿には、兄が指摘した被害妄想の兆候が表れていた。 「電話のプライバシーに関する法律には興味がある。私が通っていた高校は、私の携帯電話をハッキングしていたからだ。法律でなんとかできるかどうか、誰か知っている?」と、彼は2019年3月に投稿した。 2019年7月には、「人種差別的なイスラム嫌いの人々が、私の携帯電話をハッキングするのをやめて、本来の普通の生活を送ることができることができれば」と、いうコメントも投稿している。 今年7件目の大量殺人 23日の記者会見で、当局は店内で警察との銃撃戦になったとき、アリッサが足を撃たれたことを明らかにした。 彼は病院で治療を受けており、その後、郡刑務所に収監されることになっている。 ボールダー郡のマイケル・ダハティ地方検事は、捜査当局は犯行の動機は明らかではないものの、単独の犯行だと考えていると語った。 22日の銃撃で殺害された10人には、ボールダー市の警察官エリック・タリー(51)が含まれていた。 当局は、犠牲者の家族に通知した後、他の9人の犠牲者(年齢は20歳から65歳まで)の名前も公表した。 AP通信によれば、ボールダーの事件は、今年になってアメリカで起きた7件目の大量殺人事件だ。1週間前の3月16日には、ジョージア州アトランタのマッサージ店3軒が相次いで襲撃され、8人(そのうち6人がアジア系アメリカ人女性)が死亡する事件が起きている。