<「日本語は特殊な言語である」という言説は果たして正しいのか。言語学的に言えば、ありふれた言語の1つに過ぎない。だが日本語には「音声だけでは十分に機能しない」という特徴がある> 「日本特殊論」は古くから存在する。それは「日本すごい!」という優越感としての特殊論もあれば、「日本はダメだ」という劣等感からの特殊論もある。その中でもメジャーなものの1つが、日本語の特殊論であろう。 「日本語は特殊な言語である」という言説を、わたしたち日本語話者は、誰もが聞いたことがあるはず。しかし、何が特殊なのか? 言語学的に世界を見渡せば、日本語はありふれた言語の1つだといえる。母音や子音の数が平均的であるだけでなく、名詞の単複を区別せず、述語が最後に来る語順(S O V)という特性を持つ言語は、世界言語の中では多数派に属するからだ。 「日本語は特殊な言語である」という言説は、欧米語、特に英語と比較することによるものである。 それでも、ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットの4種類の文字を使い分けるのは、やはり特殊であるという指摘もあろう。しかし、もし日本語が他の言語と違う点があるとすれば、文字だけでなく、音声についても指摘しないわけにはいかない。いや、そこにこそ日本語の特殊性がある。 そもそも言葉とは、考えを音声によって伝えることから生まれた。言葉の基本は音声なのである。国立国語研究所のレポート(2010年)によると、現在、世界には6500ほどの言語があるが、そのうち、きちんとした文字体系のある言語は400くらいだという。 日本語も、千数百年前に中国から漢字(漢語)が入ってくるまでは文字はなかった。音声のみだったのである。 同音異義語が異常なまでに多い ところが、いまわたしたちの使っている日本語は、音声だけでは十分に機能しない。文字を見なければ正確にはわからないことが少なくないのである。これは同音異義語が異常なまでに多いことからきている。 明治以降、それまでなかった西洋の概念や事物を翻訳するために大量の和製漢語が造られた。そのとき、漢字の持つ意味だけに目を向けて音を度外視したために、同音異義語が溢れる結果になった。 これは日本語の音の少なさに原因がある。諸説あるが、音の最小単位である音節が英語は3000以上(数万という説も)あるのに対して、日本語は100くらいだという。いかに少ないかおわかりだろう。 ===== たとえば広辞苑(第6版)で「こうしょう」を引くと、「交渉、高尚、公証、好尚、口承、工商」などの異なる言葉がなんと48も出てくる。漢語では「交」と「高」、「渉」と「尚」も、文字が違えば音も違うが、日本語では音が少ないために同じ音になってしまう。 それでもなんとか通じるのは、文脈で見当がつく場合が多いからだ。 だが、それだけではない。わたしたちは、聞きながら無意識に頭の中で漢字に変換しているのである。だから、前後関係が意味を持たない固有名詞などは、音を聞いただけでは落ち着かない。 ある番組で、「センシンカン」という名の建物が登場した。すると司会の林修さんが「センシンカン? どういう字を書くんだろう?」としきりに首をひねっていたが、「洗心館」とわかって大きくうなずいていた。 「しりつ」を「わたくしりつ(私立)」と「いちりつ(市立)」、「かがく」を「かがく(科学)」と「ばけがく(化学)」と言ったりするのは、文脈だけでは区別が難しいことによるものだ。いつの頃からか、テレビ画面に字幕がよく出るようになったのも、これとまったく無関係ではないだろう。 それだけではない。「ジャンプのほうの『とぶ(跳ぶ)』ではなくて、フライのほうの『とぶ(飛ぶ)』ね」というように、英語の助けすら借りることも珍しくない。 「何年も習ったのに英語がちゃんと聞き取れない」などという嘆きは耳にたこができるほど聞くが、そもそもわたしたち日本人は、母語ですら音声だけには頼れないのだ。 もし日本語の特殊性について言うならば、「音声だけでは十分に機能しない言語」である点にまずは触れるべきだろう。 [筆者] 平野卿子 翻訳家。お茶の水女子大学卒業後、ドイツ・テュービンゲン大学留学。訳書に『敏感すぎるあなたへ――緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる』、『落ち込みやすいあなたへ――「うつ」も「燃え尽き症候群」も自分で断ち切れる』(ともにCCCメディアハウス)、『ネオナチの少女』(筑摩書房)、『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』(河出書房新社、2006年レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞受賞)など多数。著書に『肌断食――スキンケア、やめました』(河出書房新社)がある。