<『だからヤクザを辞められない』の著者は、元暴力団員から生きる権利を剥奪するのは行き過ぎではないかと指摘し、疑問を投げ掛ける> 『だからヤクザを辞められない――裏社会メルトダウン』(廣末 登・著、新潮新書)の著者は研究者であり、ノンフィクション作家。暴力団の研究に携わるなか、知り合った元暴力団員や現役の組員から「暮らしにくい世の中になった」と聞くようになったと振り返る。 兆候が見えはじめたのは、暴力団排除条例が福岡県で最初に施行され、全国の自治体がそれに倣って暴排強化を始めた2010年以降のこと。「元暴5年条項」によって社会権を制約された暴力団離脱者の姿だった。 人間が生きるためには衣食住を確保しなければならず、それには日々働く必要があります。しかし、この条項によって銀行口座が作れない、家も借りられないときては、憲法で保障された健康で文化的な生活を営むことができません。暴排機運の高まりでシノギが激減するなか、暴力団は残るも地獄、辞めるも地獄という状況が進行しており、彼らの間には右往左往せざるを得ない混乱が生じていました。(「はじめに」より) 著者は暴力団を肯定したいわけではないと言うが、それは一般的な感覚でもあるだろう。とはいえ、「かつて暴力団に属していたから」というだけで生きる権利を剥奪されるとしたら行き過ぎに思える。 生きる権利は誰にでもある。もしも「もう手段がなく、野垂れ死ぬしかない」という状況に追い詰められたら、生きていくために再び犯罪に手を染める人間が出てきてもおかしくはない。 「暴力団を辞めたのに仕事に就けなかったとしても、それは自業自得。自己責任だ」という考え方も当然あるだろう。 ただし、そう主張する人は、自身が「半グレ」や「元暴アウトロー」による犯罪の被害に遭ったときに文句を言えないのではないか。 そういう意味でも、「やったやつが悪いのだから、自分には関係ないから」という考え方は大きな勘違い。接点がないように見えて、彼らと我々は間接的にどこかでつながっているのだ。 本来であれば教わるべき規則正しい生活の訓練が欠如していた 元暴アウトローの問題を、多少なりとも私たちは"自分ごと"として考える必要がありそうだ。そして、考えるに際して無視できないのは"社会的ハンデ"の問題である。 そもそも犯罪者となった彼らでも、平和に、楽しく、希望をもって生活したいという願いがないわけでは決してありません。けれども彼らの多くは、生まれながらにして何らかの社会的ハンデ(貧困、家庭環境の不遇、虐待・ネグレクトなど)があり、真っ当に生きることができなかった人たちが圧倒的に多いという現実があります。(38ページより) ===== なぜ、真っ当に生きられない人間になってしまうのか? その理由のひとつとして著者は、家庭や学校で、子供の頃から生活するための訓練(躾)がなされていないことを挙げる。 事実、著者が従事している更生保護就労支援においても、「所持するお金の範囲で買い物をする」「家賃や光熱費などの固定費を収入から差し引いて月の支出計画を立てる」など、一般的に当たり前と思われていることができない人がかなりの割合で見られるのだという。 また、そうした人たちの一番の問題として、規則正しい生活ができないことが指摘されている。例えば就職しても遅刻や欠勤が多く、短期間で解雇されるか、無断欠勤の末に自ら仕事を辞めてしまうわけだ。 家庭や学校における生活訓練の機会が欠如していることは、地道な努力による将来的な目標の達成を困難にする。それが「現在がよければ=一時的な快」しか考えられない刹那的な生き方につながっているのではないか、という指摘には説得力がある。 このような社会的ハンデにより、成功の望みの無い狭い道に追いやられた人たちが、生きるために罪を犯し、それが日常になってしまう構図を一括りに自己責任で片付けて良いものでしょうか。(39ページより) 人間には、生まれてくる家や環境を選ぶことはできない。つまり、家庭環境や貧困などに起因するハンディキャップは、それらが原因で暴力団員になった人たちにとっては「どうしようもなかったこと」である可能性がある。 本人にその自覚があるかどうかは別としても、もしそうなのだとしたら、そこには同情や共感の余地もあるはずだ。 もちろん、不幸な環境に生まれ育っても真っ当な生き方をしている人もたくさんいる。だから、それを理由に「どうしようもなかった」人たちを非難する意見も出てくるかもしれない。だが、自分の目に見えているものが社会の全てではないことを、私たちは理解すべきではないか。 不幸にも濃淡、強弱、割合というものがあります。筆者が聴取した暴力団離脱者の中には、生育環境が不幸の一言で片付けられるレベルではない人もいました。我々が当たり前に享受してきた少年時代の生活が、彼らには望めなかったのです。(40ページより) ===== 「あの時が、最初に人に殺意抱いた瞬間やった」 いい例が、本書で紹介されている「元暴Eさん」の話だ。父親が指名手配犯で、彼が小学校に上がる前に世を去った。そのため母親に育てられるが、当時、母のお腹には妹がいた。その後、母親と内縁関係になった男から虐待を受け、Eさんは非行に走る。衝撃的なのは、妹が小学生になってからのことだ。 年少(少年院)から帰って、妹の通う小学校に行ったんですわ。すると、担任が『おまえの妹はここにおらんで』言うて、児相に行け言うとですわ。『はて、おれのようなワルとは違って、妹は大人しいんやがな』て不審に思いましたよ。で、児相に行って、『おい、兄ちゃんや、帰ったで』言うても、妹はカーテンの影に隠れよるんですわ。『なんやね、おまえ』言うて、カーテンめくったら、ショックで言葉なかったですね。小学校5年生の妹の腹が大きいやないですか。『なんや、おまえ、どないしたんや』と問い詰めますと、妹は、泣きながら『聞かんといて』言うてました。聞かんわけにいきませんがな、とうとう口割らせましてん。まあ、あの時が、最初に人に殺意抱いた瞬間やったですわ。家に入り込んで、おれを虐待したオッちゃんにやられた言いよりますねん。もう、アタマの中、真っ白ですわ。出刃持って家に帰りましたら、ケツまくって逃げた後やったです。あの時、もし、そのオッちゃんが家におったら、間違いなく殺人がおれの前歴に刻まれとった思います。(44~45ページより) Eさんはそれから数年してヤクザになったそうだ。 これは、極端な例なのかもしれない。しかし、自分の目に入らない場所に、想像もつかないような環境で育ってきた人たちがいることだけは理解しておかねばならないだろう。 彼らには彼らの「理由」があるということだ。それをステレオタイプな基準でジャッジしたとしても、なんの解決にもならない。そういう意味でも私たちは、裏側にある「見えにくい真実」についても考えてみる必要があるのではないだろうか。 『だからヤクザを辞められない――裏社会メルトダウン』 廣末 登 著 新潮新書 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) [筆者] 印南敦史 1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。ベストセラーとなった『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。新刊は、『書評の仕事』(ワニブックス)。2020年6月、日本一ネットにより「書評執筆本数日本一」に認定された。