<市民を脅迫、宅配を強盗、子供も射殺──ミャンマー警察に警棒で殴られ、拘束された日本人ジャーナリストが身をもって知ったデモ弾圧の現状と抵抗運動の針路> 逃げられない――。重装備の警察隊の挟み撃ちに遭い、そう思って手を上げた私の体を4~5人の警察官が押さえ付け、腕を後ろ手にねじり上げた。ヘルメットや防弾チョッキの上から、ガツンガツンという重い衝撃を受けた。目撃者によると、警棒で殴られていたらしい。そして警察官らは私を護送車まで引っ張っていき、尻を蹴って中に押し込んだ。 2月26日午前、ミャンマー(ビルマ)最大都市ヤンゴンのミニゴン交差点付近で、国軍によるクーデターに反対するデモを取材していた時のことだ。当初は数千人のデモ隊が、歌を歌ったり、掛け声を掛けたりして、平和的に抗議していた。しばらくすると当局の鎮圧が始まり、そのなかで私は拘束されたのだった。 しかし、この程度の暴行は、その後ミャンマー各地で警察や兵士によって行われた数々の残虐行為に比べれば、ごく軽いものだった。市民団体、政治犯支援協会(AAPP)の3月26日までの集計では、少なくとも328人が当局の銃撃などで命を落とし、3000人超が拘束されたり罪に問われたりしているのだ。 約40人の記者が拘束されたほか、地元メディアが次々と家宅捜索を受けるなど、メディア弾圧も強まっている。外国人である私は半日で解放されたが、翌日の取材中に捕まった友人のミャンマー人女性記者はまだ釈放されていない。 2月下旬から実力行使に出た当局は弾圧をエスカレートさせ、3月3日にはヤンゴン北オッカラ地区でデモ隊に向かってマシンガンを掃射、その結果数十人が死亡した。現地でデモ参加者をかくまった住民は「胸に銃を突き付けられた状態でゴム弾を撃たれた」と証言している。また、14日にはラインタヤ地区で掃討作戦を行い、少なくとも38人が死亡したとされる。 警察官らが市民を恐喝 当局の攻撃の対象は、デモ隊だけでなく、市民全体に広がっている。ヤンゴン西のサンチャウン地区などでは、警察と兵士の混成部隊が、街を取り囲んでデモ隊を逃げられないようにした上で家宅捜索を行い、多数のデモ隊や住民を拘束していった。 国軍側がデモ参加者だけでなく住民を敵視しているのは、住民の多くがクーデターに反対していることに加え、抗議活動でデモ隊と住民が連携していることが原因だろう。住民は道路に土のうやドラム缶でバリケードを築き、見張りを立てて、当局の部隊が近づいてきたら携帯アプリなどでデモ隊に知らせる。そしてデモ隊を自分の部屋にかくまう。 このため、国軍側は住民全体を脅迫し、恐怖によって抵抗の意思を奪う作戦に出ている。例えば私が自宅近くで目にしたのは、強制的に連行された住民たちが、自ら築いたバリケードを撤去させられている姿だった。 ===== 抵抗の意志を示す3本指サインを掲げて抗議するデモ隊 YUKI KITAZUMI 付近住民によると国軍側は「来なければ殺す」などと脅して30人ほどを徴用、土のうなどの撤去作業に当たらせた。そして夜間には警察車両が巡回し、「もう一度バリケードを作れば、地域住民の全員に対して法的措置を取る」などと拡声器で住民を脅すのだ。3月中旬以降、こうしてヤンゴンの多くの地区でバリケードが撤去され、デモができる場所は少なくなっている。 警察官や兵士の素行が悪いことも、住民に恐怖を与えている。自転車で食事を届ける宅配業者のスタッフを、彼らが恐喝して、食べ物や金を奪う事件が頻発している。また、デモ隊が利用する喫茶店などを当局が襲撃するケースもある。当局がブルドーザーで駐車中の数十台の乗用車を破壊したこともあった。 中部マンダレーでは23日、家宅捜索を行った当局によって、父親に抱かれた7歳の女児が銃撃されて殺される事件が起きている。こうした兵士や警察官の蛮行が取り締まられることはなく、むしろ国軍側は兵士らの略奪や暴行を利用して、住民を恐怖のどん底に陥れようとしているようだ。 クーデター以降、抗議活動を行うミャンマーの市民は驚異的な忍耐強さを見せてきた。デモ隊は武器と言えるほどの武器は持たず、金属製や木製の盾を用意したり、水風船を投げて兵士に嫌がらせをしたりする程度だった。それは、拘束中のアウンサンスーチー国家顧問の信念でもある、非暴力の抵抗という国民的コンセンサスがあったからだ。 対軍「連邦軍」の構想も しかし当局の弾圧が厳しさを増し、国際社会の動きも遅いというなかで、3月中旬頃から、手製の火炎瓶や発煙筒、スリングショットなどを用いるデモ隊が出てきた。住民の中にも、「警察が家にやって来たときのため」として、包丁などを武器に用意する人も出てきた。14日には、昨年の総選挙で当選した議員らが国軍に対抗して組織した連邦議会代表委員会(CRPH)が、「住民には自己防衛権がある」として、命や財産を守る行動は罪にならないと宣言した。デモ隊はこれを、「ある程度の武器使用は許される」と受け取った。 追い詰められた市民は、今後の抗議活動の方向性に悩み、現在議論を重ねているところだ。外国人である私に意見を求める若者は多い。「もし武力闘争に出たとしたら、国際社会はどう思うか」と。 そして彼らが最後に決まって吐露するのは、「このまま平和的に抗議をしても、捕まって、殺されるだけではないか」という思いだ。当初デモ隊には「非暴力の抗議であれば、国軍もそう乱暴なことはできない」という認識があった。しかし平和的なデモに対してマシンガンまでもが使われる事態になり、非暴力路線の限界を感じてきているのだ。 ===== 市民らの話を大きく分けると、大きく3つの路線があるようだ。1つ目は、より過激な武力を伴う抵抗運動に出るべきだという主張。その中には、多くの住民らが正当な政府であると考えるCRPHを中心に少数民族武装勢力と連合して、国軍との内戦に勝ち新憲法を打ち立てる、という「連邦軍」構想もある。 そして2つ目は、今までと同じ平和的な抗議活動とゼネストを続け、現体制の崩壊や国際社会の介入を待つという考え方。そして3つ目は、何もしないで国軍の支配を受け入れるという意見だ。 この3つの方向性はいずれも現状の打開策としては難点があり、今までのように多くのミャンマー人のコンセンサスとはならない可能性が高い。そうしたなかで、一部の先鋭的な意見を持つ人が武力闘争に出る可能性はある。そうなれば、国軍側のさらなる弾圧を呼ぶだろう。出口が見えないなかで、市民の犠牲ばかりが増えていく。