Twitterがはじめた時間泥棒サービスことライブオーディオ機能の「スペース」(Spaces)。いままで一部のiPhoneユーザーのみβ版のスペースオープンが可能でしたが、ついにAndroid版Twitterにもホスト権限が解禁。フォロワーや他の人々とお話できるスペースを作れるようになりました。