<自粛生活中の体重コントロールはよくある悩みだが、予想を上回る深刻な実態が米調査により明らかになった> コロナ禍で少しふっくらしたという話はよく聞くものだが、アメリカでの状況は一段と深刻になってきている。米心理学会の調査により、25歳から42歳までのミレニアル世代において、約7割の人々の体重が増加していたことが明らかになった。 調査はアメリカに住む18歳以上の3013名を対象に、オンラインの質問形式で実施された。体重変化が最も深刻だったミレニアル世代では、パンデミック以前と比べて意図せず体重が増加したと回答した人の割合が7割に上った。増加した人々についてどれだけ変化したかを調べたところ、パンデミックが始まった1年前と比べ、平均で約18.6キロ増という結果が得られた。 肥満問題を研究するアンジェラ・フィッチ医学博士は米CBSに対し、この結果は「衝撃的だ」と語る。同時に、過酷な1年間だったことを考えればあり得る話だとも述べ、状況について一定の理解を示した。 ミレニアル世代に次いで増加量が多かったのは、18歳から24歳の成年Z世代であった。体重が増えた人々の平均増加量は、約12.7キロとなっている。米CBSニューヨーク支局は本調査結果を伝えるニュースのなかで、「フレッシュマン15」という言い回しを引き合いに出している。パンデミック以前からアメリカの大学では、入学後の1年間で15ポンド(約6.8キログラム)ほど体重が増えがちだと一般に言われてきた。若者の成長は健康の証でもあるが、そのペースはコロナ禍で1.8倍超になったことになる。 Health Experts Offer Advice For Individuals Experiencing Weight Gain During Pandemic 全世代に目を向けると、パンデミック中も体重の維持に成功している人は約4割存在する。一方、予期せず体重が減少した人が約2割おり、増加した人は4割を占めた。 運動減とストレスが災いか 急速に進行した肥満化だが、その背景にはパンデミックによる物理的・精神的変化がある。アメリカでは昨年3月の第1波を受け、全50州のうち45の州が順次ロックダウンに入った。これまでの調査により、ロックダウン期間中は市民の1日あたりの平均移動歩数が減少したことが確認されている。このように物理的な運動量が減ったことが原因のひとつと見られる。 さらに、ロックダウンの解除以降も米国民のストレスは続いており、これを紛らわすための過食と不摂生も影響している。CBSニューヨークのキャスターは「食生活、水分補給、睡眠、エクササイズ。これらは後回しにされてきましたが、ご存知通りいま、私たちの健康にインパクトを与えています」と指摘する。番組のインタビューを受けた街角のドライバーは、 コロナで体重が増加した原因として、ストレスの蓄積による過食などを挙げた。 ===== 米心理学会も、コロナ禍の不安定な精神状態が体重に影響していると見る。パンデミック中にもっと積極的に精神的なサポートを受けるべきだったかと質問したところ、はいと答えた人の割合が若年層で顕著だった。18歳から42歳までの成年Z世代とミレニアル世代では8割近くが該当したのに対し、それ以降の世代では5割から2割程度にまで減少している。体重増が深刻な世代と重なっていることから同協会は、パンデミックによる心理的ストレスが体重に影響したと見ている。 回復のコツ、気負わずマイペースで 米NBCベイエリア局は、サンフランシスコの心臓医であるグレゴリー・マーカス医学博士にインタビューを行っている。博士はロックダウン中の体重変化をテーマにした論文を共同執筆し、比較的肥満の少ない白人を中心としたグループでも月に1キロ近いペースで増加が見られたことを突き止めた。 Adults Gain 1.5 Pounds Per Month During Pandemic: UCSF Study 体型の回復方法について博士は「何もしないよりは何かする方がいい」と語り、気負わず始められることから手をつけるようアドバイスする。たった5分のウォーキングでも、何もしないよりはよほど良い。毎日20分から30分のウォーキングやサイクリングなどができればさらに理想的だという。心拍数を適度に上げる運動を自分のペースで初め、毎日運動しなければ物足りないと感じるところまでモチベーションを高められればさらに良い、と博士はアドバイスする。 CNNでも同様に、30分ほどの早足でのウォーキングを推奨しており、代謝が促進されカロリー消費を促すとしている。食事については飛ばさずに少量ずつを毎食摂り、間食をしたい場合は時間を固定してしまうことが肝心だという。毎食85グラムほどのタンパク質をメニューに取り入れるとなお良いようだ。 パンデミック中の体重変動は避けられないとはいえ、1年間に積み重なった数字は改めてアメリカにショックを与えている。ウイルスとの闘いと並行し、基礎体力回復への試みが必要とされている。