<デジタルアートが数億円で落札されるなど、NFT(非代替性トークン)をめぐる驚くべきニュースが続く。実体のないデータの高額取引を可能にするNFTとは。そのメリットとしくみ、そして危険性を読み解く> 3月10日、わずか24ピクセル四方の小さなデジタルアートが日本円にして8億円で落札され、世界を驚かせた。「クリプトパンク」と呼ばれる1万点の作品群のうち1点で、パイプをくゆらせる宇宙人が描かれている。デジタル作品なので実体はない。落札者が8億円をかけて入手したのは、いわば作品の所有権を示す、「NFT」(Non-Fungible Token ノン・ファンジブル・トークン:非代替性トークン)と呼ばれるデジタル証明だ。 翌3月11日には、別のデジタルアートが75億円で落札されている。「エブリデイズ:ザ・ファースト5000デイズ」と題された、あるアーティストの既存作品5000点をコラージュした作品だ。こちらも実体はなく、所有権だけがNFTの形で取引された。 BEEPLEによるデジタルアート 「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」 2021/BEEPLE/REUTERS 熱狂の渦は、芸術分野に留まらない。米NBA選手のデジタル・トレーディング・カードから、クリプトキティと呼ばれる猫育成・交換ゲーム内のバーチャルの猫、そしてツイッター創業者の最初のツイートに至るまで、あらゆるものの所有権がNFTというデジタル資産として競売にかけられ、驚くべき金額で落札されている。 こうした取引は、NFTの登場以前であれば成立させることが難しかった。取引対象はデジタルのアイテムであり、簡単に複製ができてしまうからだ。例えば宇宙人のドット絵アートはネット上に公開されており、誰もが無料でダウンロードできる。8億円で買いたいとは思わないだろう。ところがNFTはこの世に一点しかない「所有権」を売買できるようにすることで、世界中の資産家たちのあいだに入手合戦を巻き起こしたのだ。 NFTが可能にした、デジタル資産の値付け 複製が容易なデジタル空間のアイテムに対し、NFTは「トークンを持っている人だけを本物の所有者とみなす」という概念を持ち込み、唯一無二の付加価値を生んだ。いわばデジタルで保証された所有証明書だ。基本的に誰でも発行することができる。 作品の所有権を売りに出したいと思ったアーティストは、マーケットプレイス(NFTのオンライン取引所)を訪れ、NFTを鋳造(発行)する。鋳造したNFTがオークションで落札されると、NFTは購入者に譲渡され、アーティストは仮想通貨の形で対価を受け取る。通常は著作権は譲渡対象外となるため、アーティストは作品を引き続き展示したり、同じ作品のコピーを販売したりしても問題ない。 したがって購入者としては、引き続き誰もが閲覧可能なアートに大金を払ったことになる。しかし、所有権を示すNFTは世界に一つしか存在せず、そこに価値を見出すことができる。NFTの譲渡履歴はブロックチェーン技術で管理されており、そのしくみ上、再譲渡は可能だが、複製は不可能だ。 こうした性質は、投資対象としての価値をNFTにもたらした。75億円で売れた「エブリデイズ:ザ・ファースト5000デイズ」の落札者は当初謎に包まれていたが、オークションハウスのクリスティーズは、世界最大規模のNFTファンドの共同創設者による落札であったと後に明かした。巨額取引の背後には、このような投機的な動きがくすぶる。 ノン・ファンジブルとは一体? 気になった方のために、ここで「ノン・ファンジブル」が意味するところを確認してみよう。ブロックチェーンが扱うものには、ファンジブルな(つまり代わりが効く)ものと、ノン・ファンジブルな(代わりが効かない)ものとがある。 ファンジブルなものの代表例は仮想通貨だ。例えば現実世界であなたが百円玉を握っていたとして、誰か別の人の百円玉と突然交換しても、別段困ることはないだろう。百円は百円だ。したがって現金は、ファンジブル(代替可能)な性質を持つと言える。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨も基本的には同じで、ファンジブルだ。 ===== 一方、NFTが扱うものはその名の通り、ノン・ファンジブル(代替不可能)だ。例えばデジタルアートを購入したとして、他の作品とランダムに交換されるようなことがあっては困るだろう。ほかにも、特定の選手のトレーディング・カード、座席指定つきのコンサート・チケット、ゲーム内で育成したキャラクターなどは、どれもノン・ファンジブルだ。NFTは、このように代替不可能なアイテムの所有権を主な対象としている。 一部では会員権などにも応用されている。米フォーブス誌は2019年、誌面上のオンライン広告を非表示にできる有料会員権をNFTの形で販売した。権利が不要となった場合、第三者に売却することが可能だ。買い手にとって無駄がなく、より気軽な加入を促す効果があるとして注目を浴びた。 作品乗っ取りに無価値化...... 起き始めているリスク 新たな可能性を拓くNFTだが、危険性も指摘されている。過熱するNFTがいっときのバブルに終わるのではないかとの警戒感は根強い。米CNNは、「批評家たちはこれら(NFT)が大いに問題を抱えたものであり、弾けるのを待つバブルだと指摘している」と述べている。 さらに、信頼性を逆手に取った行為も発生している。米公共放送局のNPRは、バンクシーの作風によく似た作品のNFTが1億円で落札されたものの、他のアーティストによるフェイク作品であったという一件を取り上げている。いくらNFT自体が強固な技術で守られていても、そもそもNFTの発行者がアーティストと無関係となれば、その価値の根底が揺らぐことになる。 類似のケースとして、アートの乗っ取り被害も深刻だ。英テレグラフ紙によると、あるアーティストはTwitter上で公開している自作アートの画像を盗用され、作品の所有権を第三者によって無断で販売されてしまったという。取引所によってはNFT発行の際、製作過程の画像のアップロードを求めるなど確認を行なっているが、万全ではない。 別のリスクとしては、高額でNFTを購入したとしても、数年後には機能しなくなる可能性がある。NFTには作品自体は含まれず、作品が公開されている場所へのリンクだけが記述される。通常のウェブページにリンク切れが発生しがちなように、購入したNFTがリンク切れの状態になってしまうことは起こり得る。 こうなると、NFTを持っていたとしても、何に対する所有権だったのかを証明できるかは不透明だ。ネット上にデータを分散保持するIPFSという解決策が導入されつつあるが、米ヴァージ誌は、その上でさらにリンク切れになっている事例を複数確認したと伝えている。著名DJのスティーヴ・アオキ氏の作品など、おそらく高額で譲渡されたであろうNFTもリンク切れの状態が確認された。 とはいえ、大極的にはNFTへの期待感は大きく、用途をより広げていく動きが活発だ。現在はデジタルデータを主な対象としているが、将来的には不動産の所有権など、現実世界のモノの取引への応用も想定される。ユニソックスという実験プロジェクトでは、限定版の実物の靴下をもらう権利がNFTとして売りに出され、780万円を超える値で取引された。 いっときのバブルを越えた広がりを見せるのか、今後のNFTの動向が注目される。 People are paying millions for digital collectibles 'NFTs' - What to know about this digital asset Beeple Explains The Absurdity Of NFTs | So Expensive