<下院補選への出馬に意欲見せるも、先輩の韓国系女性議員からは総スカン> トランプ政権で中小企業庁の高官を務め、今はテキサス州の下院補選に共和党候補として出馬を狙うセリー・キムが、中国からの移民の入国を拒絶すべきだと述べて物議を醸している。自分は韓国系だから、こうした発言をしても許される――そんな主張も行った。 キムは3月31日に行われた政治集会で、中国からの移民は新型コロナウイルスを持ち込む可能性があるため、アメリカへの入国を認めるべきではないと述べた。こうした主張は、アメリカでアジア系への差別が深刻化している原因とも言われている。 ダラス・モーニング・ポストによれば、キムは集会で中国からの移民について「ここ(アメリカ)にいて欲しくない。彼らはわが国の知的財産を盗み、コロナウイルスを持ち込み、やったことの責任も取らない」と述べたという。 またキムは「正直なところ、私は韓国系だからこういうことも言える」と語ったという。 本誌の取材に対しキムは「リベラル系メディアが私をアジア系アメリカ人に対する(人種的な)憎悪のシンボルに仕立てようとしていることにショックを受けている。中国共産党に異議を唱えたというだけで、アジア系で移民の私に反アジア系、反移民のレッテルを貼ろうとするなんて」と回答した。 アジア系への暴力事件増加も否定 キムは韓国生まれで、子供の頃に家族とともにアメリカに移住、一家はテキサス州に定住した。2月にテキサス州選出の共和党の下院議員が新型コロナウイルス感染症で死去したため、補欠選挙に立候補しようと同党からはキムを含む11人が名乗りを上げている。 キムはまた、アジア系アメリカ人を狙った暴力事件は以前からあり、最近メディアが報道するようになって目立っているだけだと主張した。 「今の最大の違いは、みんなが動画を撮っていて、メディアがそれを報道する選択をしているということだ」とキムはダラス・モーニング・ニュースに語った。「アジア系は常に暴力に直面してきた。以前よりもひどくなったわけではない」 「私はアジア系アメリカ人で、これまで差別を感じたことはない。中国が実際に生み出した問題について、対中非難の声を上げているからだ」とキムは集会で述べた。 アメリカでは、アジア系アメリカ人に対する襲撃や脅迫といった事件が増えている。先月にはアトランタで、アジア系女性6人を含む8人が射殺される事件も起きた。 先月、カリフォルニア州立大学サンバーナーディーノ校ヘイト過激主義研究センターが発表した研究によれば、アジア系を標的にしたヘイトクライム(憎悪犯罪)は2019年から2020年にかけて145%増加した。 ===== 暴力事件の増加には新型コロナウイルスを巡るトランプの中国敵視発言が関係しているとの見方もある。トランプは新型コロナウイルスのことを「中国ウイルス」などと繰り返し呼んだ。 WHOは政府機関や報道機関に対し、新型コロナウイルス感染症は「『武漢ウイルス』でも『中国ウイルス』でもなければ『アジアウイルス』でもない」として、特定の場所や民族の名を冠して呼ばないよう呼びかけてきた。COVID-19という正式名称も、特定の国や民族に結び付けられることがないように付けられた。 セリー・キムの発言に強く反発したのが、ヤング・キムとミシェル・スティールという2人のアジア系の共和党下院議員だ。先月初めに表明していたセリー・キムの立候補への支持表明も、2日に撤回した。 2人は声明で「韓国系女性として初の共和党下院議員になった者として、私たちはコミュニティに貢献したいと望むアジア・太平洋諸島系(AAPI)の仲間たちを応援し、引っぱり上げたいと思っている」と述べた。 「セリー・キムの中国系移民に関する有害で事実に反する発言については、受け入れられないと本人にはっきり伝えた。AAPIコミュニティに対するヘイト(憎悪)が深刻化している時期でもあり、謝罪して発言の意図を明確にするよう強く求めた」と2人は声明で述べた。 「にもかかわらず、彼女は公の場で反省の意を示していない。また、彼女の発言は私たちが大切に思うものとは正反対だ。私たちは良心に照らし、彼女の立候補を支持しつづけることはできない。私たちはAAPIコミュニティへの支持を表明し続けるだろう」 当人は発言撤回はせず 2人は4月1日、CNNに対し声明でこうも述べている。「セリーの発言は受け入れがたく有害だ。(AAPIの)コミュニティを狙ったヘイトが増加している時であればなおさらで、そのことを今日、本人にはっきり伝えた」 「中国系アメリカ人、そしてすべてのアジア系アメリカ人はアメリカ人であり、日々、社会に貢献している。これまでも言ってきたが、アジア人やアジア系アメリカ人に対する差別や暴力は終わらなければならない。新型コロナは(人種や民族を)分け隔てたりはしない。いかなる人種やいかなる民族集団のいかなるアメリカ人もウイルスが広がったことに責任はない」と2人は述べている。 当のセリー・キムは31日、CNNに対し、発言は「中国共産党に向けたもので、アジア系アメリカ人、特にこの圧制的な体制から逃げてきた中国系移民に向けたものではない」と自己弁護した。またキムは、発言を撤回するつもりはないとも述べている。