東京都は17日、都内で新たに759人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 昨日の667人から92人の増加。また先週の土曜10日の570人から189人の増加となっている。これは1月30日769人以来の多さで、2度目の緊急事態宣言解除後では最多となる。 7日間移動平均の新規陽性者数では569人で前週比124.1%に増加。感染状況は感染第4波に入りつつある状態だ。 この日確認された陽性者の内訳は、 10歳未満:20人(約3%) 10代:53人(約7%) 20代:239人(約31%) 30代:156人(約21%) 40代:112人(約15%) 50代:78人(約10%) 60代:41人(約5%) 70代:30人(約4%) 80代:20人(約3%) 90代:10人(約1%) となっている。また65歳以上の高齢者は73人となっており、全体の10%を占めている。 一方、重症者は前日の43人に対して45人で2人増加している。 これで東京都内で確認された陽性者の累計は129,540人となった。 モニタリング会議「変異株が急増、爆発的感染拡大のおそれ」 こうしたなか、東京都は15日午後、感染対策のモニタリング会議を行った。 感染発生状況について専門家は「現在の新規陽性者数の増加比約120%が継続すると、2週間後には1.44倍の約680人/日、4週間後(ゴールデンウィーク後)には2.07倍の約980人/日の新規陽性者が発生することになる。新規陽性者数の増加比は、既に人流が増加していること、変異株による陽性者が著しく増加していること等により、さらに上昇することが危惧される」と指摘。 とりわけ、感染増加の要因として「N501Yの変異株と判定された件数は、4月14日時点までの累計396件、国立感染症研究所の検査で判明した12件を加えると合計408件で、前回時点の合計149件に比べ著しく増加している。N501Y変異株は、感染力が強いことから全国的に広がりを見せており、爆発的な感染拡大への厳重な警戒が必要である」として、変異ウイルス検査数を増やしていく方針を確認した。 一方、医療提供体制については「検査陽性者の全療養者数は、前回4月7日時点の3,821人から4月14日時点で4,148人と増加傾向が続いている。N501Y変異株の重症化率は従来株より高いとの報告もあり、急速な感染拡大に備え、早急に対策を検討する必要がある」との指摘がなされた。 また東京都の小池知事は16日午後の定例記者会見で「明らかに大きな波が来ている」と述べ、感染第4波への備えを訴えた。 ===== 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス重症者数 東京都・新型コロナウイルス新規陽性者・年代別内訳 現在の患者数 感染第3波以降の各曜日別の新規陽性者の推移 感染第3波以降の患者数の推移 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果