<トランスジェンダーの子供に対する薬物治療を罰する法案を批判する証言を行った子供に「死ね」と脅迫が殺到> テキサス州に住む小学4年生のトランスジェンダー、カイ・シャプリーは4月12日に州議会の委員会で証言を行った。その後カイのSNSアカウントには「死ね」などの脅迫メッセージが殺到していると、母親のキンバリー・シャプリーは訴える。 カイがテキサス州上院州務委員会に喚問されて証言を行ったのは、保守派の議員団が提出した法案の審議のためだ。 問題の法案1646号は、「第二次性徴を抑制する処方薬または性転換のためのホルモン剤の投与または提供を許可するか手助けする」ことを児童虐待の定義に含める、という内容だ。 この法案が通れば、性自認と生まれつきの性が異なる未成年者は、FDA(米食品医薬品局)が認可したホルモン療法を受けることはおろか、第二次性徴を遅らせる処方薬を飲むことも許されず、それを許可するか手助けした親や保護者、医療従事者、薬剤師は刑事責任を問われることになる。 10歳の勇気に反発する大人 カイは議会でこう訴えた。「自分のことは自分で決めたい。テキサス州の(保守派)議員は、私がプレK(幼稚園入園前)の頃から、何かといちゃもんをつけてきた。今は4年生。いい加減にしてほしい」 さらに、宗教的な立場から法案を支持していると述べた共和党のチャールズ・ペリー州上院議員に、カイはこう反論した。 「私を創ったのは神さま。神さまはありのままの私を愛してくださっている。神さまが間違いを犯すと言うのですか」 母親のキンバリーは4月20日付のツイートで、娘が脅迫を受けていると知って、SNSを一切使わないよう助言したと明かした。 「10歳の子供に宛てたとは思えないようなメッセージやコメントに震え上がった。一番新しいコメントは、娘のYouTubeチャンネルへの書き込みで、『ったくムカつくガキだ。こんなクソガキは殺されればいい』というものです」 トランスジェンジェンダーの息子を支援し、やはり州議会で証言をしたもう1人の母親、アンバー・ブリッグルも証言後に自分や家族に宛てに殺人予告などの脅迫が殺到していると訴えている。 ===== ブリッグルは「脅迫のボイスメッセージ」を受けて身の危険を感じ、警察に通報したとツイッターで明かした。彼女は、テキサス州の共和党議員らが攻撃をあおっているとして、4月20日に「テキサスの議員が扇動」というハッシュタグを付けて、こうツイートした。 「彼らが攻撃を開始し、彼らの暴力的な支持者が待ってましたとばかりにバッシングを始めた......州議員が火をつけた......州民の安全を守るために選ばれた議員が、私の家族を危険にさらしている」 続けてこうも訴えた。「暴力的な保守派が、トランスジェンダーの子供に嫌がらせをしている。ネット上でも実生活でも。州議会で勇敢にも証言した子供を、いい年をした大人がいじめている。ネット上で子供を『殺す』と脅すなんて恥知らずにも程がある」 バンダービルト大学医療センターの医師で、未成年のトランスジェンダーの専門家であるメアリー・ロマーノは、生まれつきの性と性自認の不一致に悩む子供の治療について、保守派や保守派メディアはしばしば歪曲された情報を流していると指摘する。 精神的苦痛に理解を 専門医は通常、すぐに性転換の治療を施すようなことはしないと、ロマーノはバイス・ニュースに語っている。まず子供に自らの性についてじっくり考えさせ、カウンセリングを受けさせるよう親に助言する。治療をするのは、そうした手順をしっかりと踏んでからだ。 子供が自らの性を決めかねている間に思春期を迎える場合は、思春期に伴う不可逆的な体の変化を遅らせるため、「第二次性徴抑制剤」を処方する場合もある。ロマーノによれば、未成年者への投与のリスクは少ない。 性別違和を抱える子供に家族が理解を示し、適切な治療を受けさせることで、精神的な苦痛を軽減し、自殺未遂を減らせることは、数多くの研究で実証されている。 にもかかわらず、保守的な支持基盤にアピールするため、治療に関する個人の選択に踏み込むような法案を提出する動きには怒りを禁じ得ないと、「全米トランスジェンダー平等センター」の広報担当ギリアン・ブランスタターはバイス・ニュースに述べた。 <参考記事>「トランスジェンダーであるだけで殺される国」パキスタンに「LGBT法」成立 <参考記事>ラピノー、吠える 全米25州でトランスジェンダーの子供のスポーツ試合出場が禁止される?