<ドイツで、新型コロナ関連で生まれた新語が1200語に上ることが明らかになった。人は名前がないものに対して恐怖や不安を抱くこともあるが、それに名前が付き、それについて会話ができるようになると、恐怖心が和らぐという...... > 「トイレットペーパー・ハムスター」、「顔コンドーム」など個性的な新語も 「ソーシャル・ディスタンス」や「3密」など、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて作り出されたり新たな意味が付加された言葉は日本語にも多くあるが、ドイツでは、新型コロナ関連で生まれた新語が1200語に上ることが明らかになった。通常の場合、1年間にドイツで生まれる新語は200語程度とのことから、いかに多いかがうかがえる。 ドイツの研究組織、ライプニッツ協会のドイツ語研究所はこのほど、新型コロナのパンデミックに伴い生まれたドイツ語をまとめ、ウェブサイトで公開した。英ガーディアン紙によると、これらの言葉は、同研究所の研究者3人からなるチームが、報道やソーシャルメディア、その他のインターネット上で使われている言葉を調べて集めたものだ。 ドイツ語は、既存の単語2つ以上を組み合わせて、新しい言葉を作る場合も多い言語だという。例えば、対人距離(ソーシャル・ディスタンス)を取ることを表現するために、Mindestabstandsregelung(最小間隔を意味するMindestabstandと、規制を意味するregelungの複合語で「最小間隔規制」)や、Anderthalbmeter­gesellschaft(1.5を意味するAnderthalb、メートルを意味するMeter、社会を意味するGesellschaftの複合語で、「1.5メートル社会」)といった言葉が生まれた。 また、英単語から新しい言葉が作られることも少なくない。ドイツの国際公共放送ワシントン・ポスト(DW)によると、例えば「Social-Distancing-Shaming」は、英語がそのままドイツ語になったもので、公共の場で安全な距離を保っていない人を叱る人物を指す言葉だという。 興味深い新単語としては、Zoom(オンラインのビデオ会議システム)のしすぎで疲れた状態のOverzoomed(ズーム疲れ)や、Klopapierhamster(トイレットペーパー・ハムスター、トイレットペーパーをハムスターのように買い溜めする人という意味)などもある。 マスクを意味する言葉も多彩 ベルリン自由大学で言語学を教えるアナトル・ステファノヴィチ教授は米ワシントン・ポスト紙に対し、第2次世界大戦以降で、新型コロナのパンデミックほど劇的かつ急速にドイツ語の語彙を変えたものは、他に思い当たらない、と話した。 ===== 同教授はまた、これまでも、大きな文化的シフトによってドイツ語の語彙に変化が起きたことは多くあったが、新型コロナに伴うもののように、わずか数カ月の間に起きたことではなかった、と加えた。 パンデミック前は、ドイツではマスクを付ける習慣はほとんどなかった。しかしパンデミックを受けて、公共交通機関や店舗内などでは感染防止策として医療用マスクの着用が義務付けられるなど、マスクに関しての生活様式も新型コロナで大きく変わった。 それを反映するかのように、マスクにまつわる新語も多い。鼻を隠さずにマスクをする人は、Maskentrottel(trottelはばか、まぬけなどを意味する単語で、「マスクばか」)。マスクそのものについては、Gesicht­s­kondom(顔コンドーム)、Mundschutzmode(口を保護するファッション)、Behelfsmundnasenschutz(急ごしらえの鼻口保護)など様々な呼び方がある。 ライプニッツ協会のドイツ語研究所の研究者、クリスティン・メールス氏はガーディアンに対し、「名前がないものに対して、人は恐怖や不安を抱くこともある」と説明。しかしそれに名前が付き、他の人とそれについて話ができるようになると、恐怖心が和らぐという。つまり新語が多く生まれる背景には、新型コロナに対する不安や恐怖といった心理的な要素が大きいようだ。 ワシントン・ポストによると、今回まとめられた新単語1200語は、今後1〜2年ほど様子を見て、辞書に掲載するか否かが判断されることになる。