演技力と存在感で韓国エンターテインメントを引っ張る若手から、トップクラスの人気者まで。知っておきたい10人の旬な韓国人俳優を選んだ。 1. ド・ギョンス ボーイズグループEXOのメンバー(D.O.〔ディオ〕)であり、「演技ドル」の枠を超えた実力で注目。ドラマ『100日の朗君様』が話題で、映画『神と共に』シリーズ第三章では重要な役を務めるという。 ド・ギョンス HAN MYUNG-GU-WIREIMAGE/GETTY IMAGES 2. ナム・ジヒョン 子役時代から出演作多数で、演技力には定評がある。ドラマ『あやしいパートナー』でラブコメ女王と呼ばれ、『100日の朗君様』ではド・ギョンス(上)の相手役として特別な化学反応を見せた。 ナム・ジヒョン AFLO 3. ソン・ガン 2017年にデビューし、『恋するアプリ』『Sweet Home』『ナビレラ』と話題のドラマに立て続けに出演している。引き込まれるようなまなざしと作品ごとに異なる雰囲気が魅力で、人気急上昇中。 ソン・ガン AFLO 4. シン・ヘソン 親しみやすい雰囲気と、ドラマ『秘密の森』『黄金の私の人生』などで見せた自在な演技力で、同世代の女優の中では飛び抜けた存在。2月に日本公開された『潔白』で映画初主演を果たした。 シン・ヘソン AFLO 5. パク・ボゴム 屈託ない笑顔と演技力で人気トップクラス。ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1998~』『ボーイフレンド』『青春の記録』などで知られ、初主演映画『徐福』は日本公開が決定(邦題は『SEOBOK/ソボク』。この記事の最後に予告編映像あり)。昨年8月から兵役に就いている。 パク・ボゴム VISUAL CHINA GROUP/GETTY IMAGES ===== 6. キム・テリ 映画『お嬢さん』で一躍、期待の新星となり、『1987、ある闘いの真実』『スペース・スウィーパーズ』でも高く評価された。映画誌シネ21が選ぶ「2021年に最も注目すべき女優」で1位に。 キム・テリ VCG/GETTY IMAGES 7. キム・ウビン ドラマ『紳士の品格』『相続者たち』、映画『二十歳』『マスター』などで人気絶頂のなか、2017年に上咽頭癌で活動を休止した。2年余りの闘病の後、昨年4月に映画『エイリアン』の撮影に参加。 キム・ウビン VISUAL CHINA GROUP/GETTY IMAGES 8. IU(イ・ジウン) 国民的な人気歌手であり、さまざまなドラマや映画にも出演。『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』の演技は称賛を集めた。近々撮影開始する是枝裕和監督作『ブローカー』への出演が決まっている。 IU(イ・ジウン) THE FACT-IMAZINS/GETTY IMAGES 9. カン・ハヌル 人柄の温かさが、役ににじみ出る稀有な俳優。ドラマ『未生』『椿の花咲く頃』『麗』などのほか、4月に韓国公開された映画『雨とあなたの物語』でもその魅力をいかんなく発揮している。 カン・ハヌル JTBC PLUS-IMAZINS/GETTY IMAGES 10. パク・ユナ モデル出身の正統派美人ながら、一見不良っぽい不機嫌な役を演じさせたらピカイチ。『秘密の森』『SKYキャッスル』『女神降臨(原題)』と話題のドラマに次々と出演しており、今後が期待される。 パク・ユナ MYDAILY/AFLO (※韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」――本誌5月4日/11日号「韓国ドラマ&映画50」特集より) ===== パク・ボゴムの初主演映画『徐福』(邦題『SEOBOK/ソボク』)予告編 Klockworx VOD-YouTube