東京都は5月12日、都内で新たに969人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 昨日の925人から44人の増加。また先週水曜5月5日の621人から348人の増加となっている。7日間移動平均の新規陽性者数では874人で前週比109.4%に増加した。 この日確認された陽性者の内訳は、 10歳未満:30人(約3%) 10代:66人(約7%) 20代:273人(約28%) 30代:199人(約21%) 40代:147人(約15%) 50代:117人(約12%) 60代:67人(約7%) 70代:33人(約3%) 80代:24人(約2%) 90代:12人(約1%) 100歳以上1人(約0.10%) となっている。また65歳以上の高齢者は100人となっており、全体の10%を占めている。 一方、重症者は前日の81人に対して5人増加して86人になった。これは2月17日の87人以来84日ぶりの多さとなった。この2週間で重症者は1.6倍に増加。若い世代でも重症化リスクがあるという変異株が関東でも増えており、今後さらに重症者が増えていく恐れがある。 これで東京都内で確認された陽性者の累計は149,061人となった。 ===== 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス重症者数 東京都・N501Y変異株の陽性確認数 東京都・新型コロナウイルス新規陽性者・年代別内訳 現在の患者数 感染第3波以降の各曜日別の新規陽性者の推移 感染第3波以降の患者数の推移 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果