<百戦錬磨の高齢ユーザーたちは、まさに怖いものなし。ソーシャルメディアで愛されるグランマ&グランパ> 動画投稿アプリTikTok(ティックトック)は26歳以下のZ世代のスターを次々に生み出している。アディソン・レイは20歳。チャーリー・ダミリオは16歳。野心的な若者たちがダンスや歌、リップシンク(口パク)、いたずら、寸劇など思い付く限りのことを15秒から1分程度の動画にまとめ、膨大な数の視聴者を集めている。 「ほとんどのソーシャルメディアは若者向けだ」と、TikTokのスターの1人、スティーブン・オースティンは言う。ただし、これからは若者だけではなさそうだ。オースティンは現在82歳。「オールドマン・スティーブ」として140万人のフォロワーから親しまれている。 ダミリオ(フォロワーは1億人以上)やレイ(同7000万人以上)とは桁が違うとはいえ、オースティンのような高齢のTikTokスターも、ここ数年でフォロワーを増やしている。 彼らのほとんどは、最初は遊び半分で投稿していたが、ふとしたきっかけで爆発的に動画が広まった。TikTokでの知名度を利用して他のプラットフォームやテレビに出演したり、広告や商品宣伝の契約を結ぶなど、「プロ」に転向する人もいる。 TikTokのシニア世代は若者と同じくらい意気軒高だが、彼らならではの味がある。新進気鋭のセレブというより、若いフォロワーたちのバーチャルな祖父母を自負しているようだ。 ===== グランマ・ドロニアク @grandma_droniak フォロワー210万人&いいね4840万件 @grandma_droniak this is my shirt from @goodfair dont look at it if you dont like it ##nonewthings ##goodfair ##fyp ##ad original sound - grandma_droniak コネティカット州シェルトン在住のリリアン・ドロニアクは91歳。孫のケビンと作る動画を2019年11月からTikTokに投稿している。2人は10年近く前、YouTubeで動画を公開し始めた。TikTokアカウントを作成したのもYouTube動画用のネタのつもりだったが、アカウントが人気になり、大いに楽しんでいた2人はそのまま続けるようになった。 「中学2年生のときには一番おとなしい子だと言われていた」と、ドロニアクは話す。だが、今では恥ずかしがり屋の面影は皆無だ。何でもありの動画で「グランマ・リル(リリアン)」は自信満々の主役のオーラを放っている。特に好きなのが自分のコーディネートを披露することだ。 ケビンによれば、服が詰まった「スーツケースの山」の持ち主で、いろいろなメークやウィグを試すのが大好き。なかでも張り切るのが祭日や記念日だ。 動画制作のためにケビンと時間を過ごすのが楽しくてたまらないと言う。「若返った気分になる。65歳の気分よ」 ===== J-ドッグ @its_j_dog フォロワー190万人&いいね8420万件 @its_j_dog ##ValentinesDay ##fyp ##grandma death bed (coffee for your head) - Powfu & beabadoobee カナダのアルバータ州に暮らすジェニー・クルーパ(88)は孫息子スカイラーの手を借りて、TikTokスターのJ-ドッグに変身した。このコンビは2019年8月から動画を制作している。 J-ドッグは、気が強くてクールなおばあちゃんだ。バレンタインデーの動画では、メッセージカードをもらえなくても気にしないで、と視聴者に語り掛ける。「誰にも好かれていないからじゃない。きっと、あんたが負け犬だからだよ」 スカイラーは祖母について、「始めた頃は、あんな感じではなかった」と振り返る。だがJ-ドッグというキャラクターが大きな話題になり、もはや後戻りはできない状態に。「注目されるのを喜んだ」クルーパは、今では「J-ドッグそのものになっている」と言う。 とはいえ、本当の自分を見失っているわけではない。昨年7月に夫を亡くした際には、オンラインでフォロワーから寄せられた励ましの言葉に感動していたと、スカイラーは教えてくれた。 ===== グラニー @youwishiwasyourgranny フォロワー21万6100人&いいね540万件 @youwishiwasyourgranny ##TrueStory. He used to say I would never be strong enough to leave him! ##fyp ##foryoupage ##girlpower ##grannygonewild ##stopdomesticviolence original sound - jas .。.:*☆ エンターテインメントが中心のTikTokだが、より真面目な目的を持つ高齢スターも。ルイジアナ州カレンクロ在住のフローラ・ヤング(74)は孫のオリビア・サボイと共に、家庭内暴力への関心を高めるための動画を投稿している。 ヤングは1年以上前から、虐待的な夫と別れた体験談をシェアしてきた。「大勢の女性や女の子の力になることができて本当にうれしい」。初めて投稿した動画が話題になった後、彼女の動画のおかげで関係を断ち切ったり、相手に立ち向かう勇気が出たとのコメントをもらうようになったという。 本人のお気に入りはエプロン姿で料理をしているところから始まる動画だ。離婚に踏み切るほど強い人間じゃない、と夫に言われたと振り返るヤングはエプロンを投げ捨て、胸を張って歩み去る。 「あれは自分にとって助けになった。ほかの人の助けにもなっているというコメントが、うれしくてたまらない。女性たちは......ずっとこき下ろされて、ないがしろにされていたのだから」 ===== オールドマン・スティーブ @omsteve フォロワー140万人&いいね2730万件 @omsteve How do y'all do this gizmo ##fyp ##fypシ ##foryou ##foryoupage ##funny original sound - Old Man Steve テキサス州フォートワース在住のスティーブン・オースティンは82歳。ジョークを披露したり、料理やダンス、手品に挑戦する姿が人気を集めている。トレードマークになったバケツ形の帽子は今や100個以上。ネットに投稿するために動画を作ることで「頭が活発に回る。毎朝、起きようという気にさせてくれる」。 投稿歴は、本人によると約12年。最初はバイン、次いでYouTubeに移ったが、彼をスターにしたのはTikTokだ。「サンドイッチを作り、シリアルをボウルに入れるだけでも、私にとっては『料理』だった。それが面白いと思ってもらえたのだろう。フォロワーが一気に数千人になった」 「スティーブとクッキング」シリーズは話題になり、人気トーク番組やCNN、NBCの『トゥデー』にも出演した。「信じられなかった。ちょっと圧倒されたよ」 間抜けなダンスの動画も自分ではお気に入りだ。手品は失敗ばかり。「私は目立ちたがりなんだ。あまり真面目に考えないことにしている」 ===== ギャングスター・グラニー @rosssmith フォロワー1700万人&いいね2億3910万件 @rosssmith Granny's Amazing Life Hacks ##DontSweatIt ##lifehacks original sound - Ross Smith 「グラニー」はオハイオ州コロンバス在住の94歳。ファンの応援に感謝している。「どこに行っても、小さな店に入っても、誰かが私のことを知っているのよ」(ただし、注目を浴び過ぎて戸惑うときもある。今回もプライバシーを理由に本名は明かさないことにした)。 「ギャングスター・グラニー」として初めてバズったのは、6秒動画アプリのバイン(現在はサービス終了)だった。大学から帰宅した孫のロス・スミスは、バスケットのシュートを楽しんでいる祖母を見て、すぐに動画を編集して投稿した。「9年後の今も、僕たちは世界を笑顔にしているんだ」 祖母と孫のコンビは、TikTokが「ミュージカリー」と呼ばれていた頃から投稿している。いたずら、日常生活の裏技、定番の宴会芸。俳優のチャック・ノリスなどの有名人をゲストに迎えるときもある。最近の投稿では水着姿のグラニーが、浴槽の中でシリアルに埋もれている。 「新しい扉が開いて、たくさんの新しいファンと交流している」とロスは言う。 ===== グランパ・ルー・ピクルズ @ronaldwilliamsofficial フォロワー1360万人&いいね1億5270万件 @ronaldwilliamsofficial Thanks for the good times. Ronald