<悲劇的な事故で亡くなったサッカー少年への哀悼がリバプールFCなどからも届き、他人を思いやる行動への賛辞も寄せられている> 5月11日、イギリス中部の港町ブラックプールで、9歳の少年が落雷を受けて命を落とした。警察によると、ジョーダン・バンクス少年はサッカー場で落雷を受けて搬送された病院で息を引き取ったという。 そのジョーダン君に、哀悼の意と共に称賛の声が寄せられている。彼の臓器が提供され、移植によって3人の子供の命を救ったことが明らかになったからだ。イングランドでは、両親や保護者の同意があれば子供も臓器のドナーになれる。 父親のマット・バンクスが別のフェイスブックユーザーを通じて公開した声明は、彼の息子は「これまでも今も、最も寛大な心を持った最も素晴らしい子供であり、誰かのために何でもやれる子供だった」としている。 「今もなお、彼の優しさは別の3人の子供が生き続ける助けになっている。いつも彼は他の誰かの助けになりたいと語っており、それがドナーになることであればそうしたいと希望していたので、それに従って臓器を提供した」 マット・バンクスの声明は、彼ら父子の写真とともに公開された。「この悲しみを言葉で言い表すのは無理だ。子供を失ったというだけでなく、最高の小さな親友を失ってしまった」「僕らは座って何時間も彼の将来について話し込んだ。彼は僕が何と呼ばれたがっているかを聞いてきて、それで僕らは『パピ』という呼び名にしようと決めたんだ」 ファンだったリバプールFCからメッセージ クリフトン・レンジャーズ・ジュニア・フットボール・クラブでプレーするサッカー少年だったジョーダンへの賛辞の声は、彼が大ファンだったリバプールFCからも寄せられた。またリバプールの選手たちは、13日の試合前練習で全員が「ジョーダン」という名前と、彼のクラブでの背番号だった7番が付いたユニフォームを着用した。 また英下院議員のナイジェル・エバンスは議会で「議長及び英国議会を代表し、彼の家族とクリフトン・レンジャーズ・ジュニア・フットボール・クラブのすべてのチームメイト、彼のすべての友人に哀悼の意を表したい。英国議会の心と愛を、あなた方すべてに送ります」と語った。 警察が発表したジョーダンの家族の声明は次のものだった。「昨日、私たちの世界は止まりました。私たちの美しい少年ジョーダンという最も輝かしい星を失いました。彼の笑い声、他の人まで笑顔にさせる笑い顔、金色のカールした髪の毛。彼は私たちのすべてでした。年齢よりも賢く、優しく、思いやりがあり、寛大で、愛情深かった」 「私たちの愛は永遠です。おやすみなさい、美しい少年」 ===== <ジョーダンの名前入りユニフォーム姿のリバプールの選手たち>