<「この結婚には3人が関わっている」など、衝撃的な発言で世界の注目を集めた95年のインタビューをめぐる大問題が浮上> 英BBCは2021年5月20日、故ダイアナ元妃が1995年に出演したインタビュー番組に関する独立調査の結果を発表した。元妃をインタビューしたBBCニュースの記者(調査時は宗教担当編集長だったが、2021年5月中旬に退社)マーティン・バシールは、偽造した書類やウソの情報を使って、元妃にインタビューを受けるようそそのかしたという。 このインタビューで元妃は数々の爆弾発言を行って世界中から注目を浴び、王室やチャールズ皇太子との関係にも影響したとされている。AP通信によれば今回の調査により、バシールが倫理規定に反した方法を使って、元妃がインタビューに応じるよう仕向けたことが明らかになったという。 BBCは2020年11月、元最高裁判事のジョン・ダイソン卿を任命し、ダイアナ元妃に対するインタビューについて新たに独立調査を行うと発表していた。 きっかけは、ダイアナ元妃の弟であるスペンサー伯爵が、バシールは偽造文書をはじめとする不正なやり方を用いて、元妃がインタビューに応じるよう仕向けたと再び主張したことだ。バシールは2021年5月14日、新型コロナウイルスと心臓手術による合併症の治療を理由に、BBCを退社した。 偽造書類は元妃の決断に影響した? スペンサー伯爵の主張によれば、バシールはダイアナ元妃の説得にあたって、元妃の個人秘書と別の王室職員が、元妃の監視に対する見返りとして金銭を受け取っていたという内容の銀行明細書を偽造して使ったという。 バシールはさらに王室に関するウソを捏造し、元妃に対する陰謀が企てられていると述べて、元妃を説得しようとしたと、スペンサー伯爵は主張している。 これに対してバシールは、銀行明細書の偽造は「愚かな行動だった」と認め、遺憾の意を示した。ただ、偽造した書類が元妃のインタビューに何らかの影響を及ぼしたことはないと主張。自らの行動と、「インタビューに応じるという元妃自身の決断とのあいだには何の関係もない」と述べた。 1995年に放送された報道番組「パノラマ」のインタビューは、ダイアナ元妃が「この結婚には3人の人間が関わっている」と語ったことで有名だ。 この発言は、チャールズ皇太子とカミラ・パーカー・ボウルズ(現コーンウォール公爵夫人)との関係を示唆したものだった。当時別居状態にあった皇太子との関係について赤裸々に語ったこのインタビューは、2300万人が視聴し、王室に衝撃を与えた。 ===== BBCは、20年前にもこの件に関して調査を実施していたが、今回の調査は、20年前の調査を不十分だったと指摘。「BBCの証しである誠実性と透明性の高い基準」に届くものではなかったと批判している。 BBCの理事長リチャード・シャープは、今回の調査結果を受け入れると述べ、「容認できない過ちがあった」と付け加えた。また、インタビューが行われた1995年当時のBBC会長ジョン・バートは、スペンサー伯爵に謝罪する内容の声明を発表した。 「BBCの番組パノラマに悪辣な記者が存在し、スペンサー伯爵ならびにダイアナ元妃とやりとりするうえで、精巧かつ詳細だが完全なウソを捏造していたことが発覚した」とバートは述べている。 「BBCが長年にわたって全力を傾けてきた誠実なジャーナリズムにとって、ショッキングな汚点である。また、この真実の全容が明らかになるまでに25年を要したことはきわめて残念なことだ」 ダイアナ元妃は、1996年にチャールズ皇太子と離婚。1997年に仏パリで、スクープを狙うフリーカメラマンに追跡されていた最中に交通事故に遭い、死亡した。チャールズ皇太子は2005年に、現コーンウォール公爵夫人のカミラと再婚している。 (翻訳:ガリレオ)