アプリによる広告目的でのトラッキング(追跡)の制限がiOS 14.5から始まりましたが、追跡を有効にできないバグが一部で発生していました。9to5Macによると、このバグはすでに修正されているようです。