「ここは高速電波バーストがあるはずがない場所だ。どうなっているんだ?」と論文の著者の1人は驚きました。困惑しつつ、新たな発生源の発見につながるかもしれません。