<BLM運動が燃え広がるきっかけとなった黒人男性の殺害事件から1年、現場には多くの人が集まって追悼した> 米ミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドが白人警官に首を押さえ付けられ死亡した事件から1年がたつ5月25日。事件現場ではBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動のシンボルであるこぶしを突き上げる彫刻を囲み、多くの人が追悼した。 白人警官には殺人罪の有罪評決が下ったが、アメリカでは今も人種差別と警察の暴力に対する戦いが続く。