惑星探査機というと、車輪とロボット・アームがあるイメージですが…ドイツのDFKI社が作る月面探査ロボ「マンティス」は、その名の通りカマキリに似ており、6本の脚で歩くだけでなく上半身を起こし、前の2本で物を掴んで運ぶことが可能になる変わり種です。