<メーガン妃との間に第2子が誕生。ファーストネームはエリザベス女王のごく身近な人向けの愛称「リリベット」> イギリスのヘンリー王子とメーガン妃は6月6日、第2子となる女の子が生まれたと発表した。名前は「リリベット・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザー」。略して「リリ」と呼ばれることになると見られる。 夫妻は声明の中で、第2子は「これまでの想像を上回る大きな存在」だと述べた。 名前はヘンリーの祖母であるエリザベス女王と、1997年8月に死去した母、ダイアナ元妃にちなんで付けられた。 ファーストネームのリリベットはエリザベスの短縮形で、王室内で使われているエリザベス女王の愛称だ。 エリザベス女王の名前は、母のエリザベス皇太后にちなんで付けられた。「リリベット」という愛称は女王が幼い頃から使われてきたと、過去何十年にもわたって王室の旅行に同行してきた写真家のアーサー・エドワーズは言う。 女王がまだ子供で王位継承権も1位ではなかったころは、手紙の署名も「リリベット」だった。 当時、祖母のメアリー皇太后に送った礼状にはこう書かれている。「大好きなおばあさまへ。かわいいドールハウスをどうもありがとうございました。とても気に入りました。まず食堂とホールの部分を出しました。リリベットより愛を込めて」 女王の父ジョージ6世(兄エドワード8世がいわゆる『王冠をかけた恋』で退位したため王となった)はかつてこう述べていた。「リリベットは私の誇り、マーガレット(エリザベス女王の妹)は私の喜び」と。 フィリップ殿下も女王をそう呼んだ 今年4月に逝去した夫のエディンバラ公フィリップ殿下も、しばしば女王のことをリリベットと呼んだ。 葬儀のためウェストミンスター寺院へと運ばれたフィリップ殿下の棺には「愛に満ちた思い出とともに、リリベット」と書かれた女王からの手紙が添えられていたという。 フィリップ殿下の伝記の著者であるイングリッド・スーアードは本誌に対し、「(リリベットという愛称は)非常にプライベートな名前だ」と語った。 「知る人ぞ知るという名前で、フィリップ殿下が女王を呼ぶ時の名前であり、女王自身が親族、それもごく近しい間柄の相手への(手紙の)署名として使ってきた名前だ」 スーアードはこうも述べた。「チャールズ皇太子が女王のことをリリベットと呼ぶとは思えない」 英王室の人々に関する著書のあるロバート・レイシーがサンデー・タイムズに語ったところによれば、フィリップ殿下は女王のことをよく「キャベツ」と読んでいたという。 さてヘンリー王子夫妻の第2子に話を戻すと、ミドルネームの「ダイアナ」は、もちろん、母であるダイアナ元妃にちなんだものだ。 ダイアナ元妃ことダイアナ・フランセス・スペンサーは1961年に生まれ、のちにチャールズ皇太子と結婚した。 ===== ダイアナ元妃は離婚後の97年にパリで交通事故死。母の死はハリー王子と兄のウィリアム王子の人生に大きな影を落とした。 ヘンリーはアップルの動画配信サービス「アップルTVプラス」のドキュメンタリー番組「あなたに見えない、私のこと オプラ・ウィンフリー&ヘンリー王子」を司会者のオプラ・ウィンフリーと共同製作。その中でヘンリーは、母の葬儀の際、ロンドンの群衆が見守る中、棺の後ろを兄とともに歩いた時のことを語っている。 「何より強く記憶に残っているのは、れんがの道を進む馬のひづめの音だ。この時点まで、私たちはどちらもショック状態にあった」とヘンリーは述べた。 「自分(の心)が体の外に出てしまったみたいだった。ただ歩き、期待された通りのことをやった。私が表に出したのは、他のみんなが見せた(悲しみの)感情の10分の1くらい。これは僕のママなんだぞ、みんな1度も会ったことがないくせに(と思った)」 ちなみにマウントバッテン・ウィンザーというのは、エリザベス女王の男系の子孫の一部が使っている姓だ(マウントバッテンはフィリップ殿下の姓)。 英王室の姓はウィンザーだが、かつてはビクトリア女王の夫アルバート(ドイツ出身)の姓であるサックス・コーバーグ・ゴータを名乗っていた。だが第一次世界大戦中の1917年に当時の国王ジョージ5世が、反ドイツ感情の高まりに配慮して改姓した。 王室の公式ウェブサイトには、「王室のメンバーは王朝名や姓を名乗ることができるが、この2つが同じとは限らない。姓を全く使わないことも多い」とある。