米国で長年、川の管理に利用されてきた堰。死亡事故も多数起きていることから「溺死マシン」とも呼ばれ、危険が指摘されてきました。その堰を撤去して、自然の状態に戻す取り組みが行われています。