NASAは2030年までに金星に向かう2つの探査ミッションを打ち上げると発表しました。金星を直接探査するのは1994年以来で、1つは金星の軌道に乗って上空からマッピングと観測を行ない、もう1つは地表への降下とともに大気組成を理解するためのサンプルを収集します。この1つはNASAディスカバリー計画の最新ミッションとなります。