日本でも始まった電動スクーターのシェアリングサービスが開始しましたが、電動スクーター先進国のアメリカでは、次のステージへの変化を遂げようとしています。