<学費の高騰に苦しむアメリカの学生たち。時限的な返済猶予では問題は解決しないと、抗議活動が盛り上がっている> アメリカでは大学の学費高騰に伴い、多くの若者の肩に巨額の教育ローンがのしかかっている。現在はコロナ禍における救済措置として返済が猶予されているが、それも9月末までの時限措置。 ホワイトハウスの前には「教育ローンを帳消しにしろ」と書かれた横断幕が登場し、バイデン政権に大統領令を要求する声が高まっている。