<保守的なオルバン首相率いる与党フィデスが、LGBT情報の未成年への流通を禁止する法改正を強行> ハンガリーで6月15日、同性愛や性転換に関する情報を18歳未満に対して広めることを制限する改正法案が可決され、議論を呼んでいる。 同法案は、保守的なオルバン首相率いる与党フィデス・ハンガリー市民連盟が小児性愛禁止を目的として議会に提出したもの。その中で、同性愛や性転換に関する情報も、学校教育や未成年を対象にした映画・広告で流通させることを禁じるよう改正された。 人権団体は、小児性愛とLGBTの同一視は間違いであり、性的少数派への差別を助長するとして反発。首都ブダペストでLGBTの権利擁護を訴えるデモが起き、野党が抗議のため欠席するなか、法案は賛成多数で可決された。 オルバンはこれまで、移民の流入をハンガリーへの「脅威」に掲げ保守政権を維持してきた。総選挙を来年に控え、移民の流入が減少するなか、このところのフィデス党はLGBTの権利拡大を「脅威」とすることで保守層へのてこ入れを図っている。