「生きた化石」と呼ばれるシーラカンス。古代から現代まで同じ姿でずっと泳ぎ続けているからそう呼ばれているのですが、新しい研究で、シーラカンスは100歳まで生きることがわかりました。