<共産党の未来は、習近平の未来。後継者指名を先送りにして強権支配を続ける習の前途に、毛沢東の教訓がちらつく> 世界有数の厳重飛行制限空域である北京の大通りの上空に現れたいくつものヘリ──中国共産党の結党100周年記念式典の最終リハーサルが始まったのは、本番の2週間前だった。 「100」の字を組んで編隊飛行するヘリが、私の自宅の窓の向こうを飛び過ぎていく。青・黄・赤のスモークをたなびかせたジェット機がその後を追い、けたたましい音を立てて天安門広場へ向かった。 100周年記念式典に際して軍事パレードは行わないという事前の発表どおり、パレードの予行演習はなかった。軍が行進する際は通常、近隣住民は窓とカーテンを閉めて外を見ないよう指示される。 ただ、共産党がテクノロジーに精通していることを考えれば、一連の行事に現実のパレードは必要なかった。6月28日、北京の国家体育場(オリンピック・スタジアム)で観衆約2万2000人を迎えて行われた「祝賀文芸公演」では、デジタル視覚効果やドローン(無人機)撮影を駆使。宇宙探査、潜水艦、2008年の北京五輪のハイライト、新型コロナウイルスと闘う医師たちなど、中国が収めた勝利がステージ上とスクリーンに再現された。 こうしたイメージの大半は既におなじみのものだ。だが、100回目の誕生日はいつもと同じではなかった。今回、焦点として強調されていたのは過去ではなく未来。それも中国と共産党だけでなく、党総書記で国家主席である習近平(シー・チンピン)の未来だ。 実際、100周年式典は間違いなく「集団行事」ではなかった。中国の一般市民は毛沢東時代以来数十年ぶりに、突き詰めればただ1人の人物をテーマとする祝賀イベントを目にした。 中国の命運が習という個人に託される。そんな構図が現れたのは毛沢東が1976年に死去して以来、初めてのことだ。同時に、これは今回の共産党のパーティーが、単なるお祝いのための数日間でなかったことを意味している。 100周年記念式典が天安門広場で行われた7月1日は、共産党の公式な設立記念日だ。この日は、毛以降の指導者らが従ってきた「集団指導体制」と自主的な権力抑制システムの根絶を目指す習の取り組みが、新たな段階に入った記念日としても記憶されることになるだろう。 共産党機関紙、人民日報傘下のタブロイド紙である環球時報は同日、「偉大征程(偉大な道のり)」と題された祝賀文芸公演を特集。熱烈な党支持者を従えた習の写真が1面に掲載され、「美徳と魂が次の100年へと国家を牽引する」との見出しが躍った。 習というイデオロギー 共産党は党員9500万人強で、全人口の約6.6%相当にすぎない。さらにフィナンシャル・タイムズ紙によれば、2018年の入党者210万人のうち、地方出身の出稼ぎ労働者(中国の生産年齢人口の3分の1を占める)は5700人だけ。党はテクノクラートやビジネスエリートの集いと化している。 ===== 国政選挙が存在しないため、党幹部は往々にして経済発展を正統性の証しと見なす。設立記念日を控えた6月には、四川省・成都で2つ目の国際空港が開港し、チベット自治区初の高速鉄道も開業した。 こうした話題に脚光が当たる一方で、歴史問題の公式見解に否定的な言動を取り締まるネット検閲については、それほど取り上げられない。 新疆ウイグル自治区での人権侵害や、国家安全維持法施行による香港支配の強化に対する国際社会の批判もしかりだ。共産党に批判的な香港の日刊紙、 蘋果日報(アップル・デイリー)が6月24日付で廃刊されたことを受けて、ジョー・バイデン米大統領は「報道の自由にとって悲しむべき日」と発言した。 2012年に党総書記に就任して以来、習は汚職、政敵や政治的反対派の一掃に乗り出し、驚異的速度で権力を掌握してきた。毛に並ぶ指導者として自身を位置付け、毛と同じく権力の座にしがみつき、「68歳定年」の慣例を破って最高意思決定機関である政治局常務委員会のメンバーを続投するとみられている。 党の基本方針の1つとして推進する「習近平思想」によって、毛に次ぐレベルの個人崇拝の対象にもなっている。 「イデオロギーが復活した」と、ロンドン大学東洋アフリカ学院・中国研究所のスティーブ・ツァン所長は指摘する。「『習近平思想』は国家の指針となるイデオロギーだ。それを理解しなければ、100周年記念行事の意味を見逃すことになりかねない」 個人崇拝のアキレス腱 中国にとって来年は政治的駆け引きに満ちた年になるだろう。そのクライマックスが、秋に開催予定の中国共産党第20回全国代表大会(党大会)だ。通常5年ごとに開かれる党大会は、次の指導者の育成戦略がまとめられる(べき)場であり、次期指導部の人事が発表される場でもある。 習体制の下、国家主席の任期は18年に撤廃された。習が後継者指名を先送りにしつつ、兼務する党総書記や中国共産党中央軍事委員会主席の座を維持できるか。今や、それこそが大きな問いだ。 権力移行プロセスを担う担当者は、強権的支配と安定を確保する一方で、秩序だった権力継承の実現を迫られるジレンマを抱えている。 2つを両立させるには、優れた手腕と並んで、運とタイミングが不可欠だ。昨今の事例が示すように、政権交代は欧米の民主主義国でも混乱を引き起こすことになりかねない。 ===== 権力移行はこの1世紀間、共産党の弱点になってきた。毛の死後には、後継者に指名した華国鋒と「四人組」の権力闘争が勃発し、四人組の逮捕・裁判という結末を迎えた。習がこれまでの路線を維持するなら、次期指導者に権限を一部委譲する(少なくとも、そう見せ掛ける)べき時期であっても、権力の掌握をさらに推し進めるだろう。 「第20回党大会での後継者指名はない」と、ツァンはみる。「後継に指名されれば、格好の攻撃対象になりかねない。習はその人物を脅威と見なし、排除するはずだ」 死を前にした毛は華に「あなたに任せれば安心だ」と告げたという。だが党主席就任からわずか約2年後、鄧小平らの攻撃で華の権威は失墜。最終的に鄧が権力争いに勝利し、華は政治的に忘れられた存在として2008年に死去した。 中国共産党が「偉大な道のり」の次なる1世紀に乗り出すなか、毛の遺産は後継者たちにとって指針であり、警告であり続けている。 From Foreign Policy Magazine