<同盟国で援助国でもあるはずの中国の外交官さえ入国させない姿勢。一方で政府の体制と金正恩の体形にも変化が> 北朝鮮は最近、中国外交官の入国を禁止したようだ。韓国の諜報機関が報告した。さらに、あらゆる違法な越境を阻止するため、国境沿いに監視所やコンクリート構造物を建設しているという。韓国の国家情報院(NIS)は7月8日、韓国の議員たちに向け、北朝鮮が中国人の入国を阻止していることについて非公開で説明したとAP通信は報じている。 説明会に出席した議員の一人、河泰慶(ハ・テギョン)によれば、北朝鮮はまだ外国製の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンを入手していない模様だということも、NISは明らかにしたという。最高指導者の金正恩がワクチン接種を受けた形跡もない、と河は述べている。 COVID-19ワクチンを全世界に配布することを目的とした国際連合支援のプログラムCOVAXは2月、北朝鮮は2021年前半に190万回分のワクチンを受け取る資格があると発表したが、北朝鮮から出荷の依頼はなかった。 北朝鮮は世界有数の秘密主義国家であり、その動向に関するNISの報告は、これまで全て正しかったわけではない。政府と無関係な専門家のなかには、金正恩とその側近は、非公式なルートで輸入されたワクチンを使用したのではないかと推測する者もいる。 説明会に出席した別の議員、金炳基(キム・ビョンギ)はNISからの説明として、北朝鮮政府は、外国からワクチンが届くのではないかという国民の期待を打ち消し、ウイルスに対する警戒を強化するよう促していると語った。 コロナ対策の失敗で高官たちを叱責 金炳基はさらに、ウイルス対策の一環として違法な越境を阻止するため、中国との国境沿いに監視所やコンクリート構造物を建設していると述べた。金炳基によれば説明会では、北朝鮮は主要な同盟国であり援助国でもある中国の外交官の入国さえも認めていないという報告もあったそうだ。 金正恩は最近、新型コロナウイルス対策の「重大な」失敗が「大きな危機」を招いたとして、高官たちを非難した。しかし北朝鮮政府は、自国領土にウイルスを入れたことはないと主張し続けており、外部の専門家から広く疑問視されている。 世界保健機関(WHO)の発表によれば、北朝鮮は6月24日までに3万1794人の検査を行い、すべて陰性だったと報告している。 金正恩は最近の演説で、国民に対して、COVID-19関連の規制が長期化することに備えるよう呼び掛けた。長年の失政と、核開発を巡る米国主導の制裁によってすでに壊滅的な打撃を受けていた経済が、COVID-19によってさらに大きな痛手を負っているにもかかわらず、北朝鮮はまだ国境を開くつもりがないことを示唆している。 ===== 金炳基は、NISから説明を受けた内容として、北朝鮮は4月に国境を再び開く計画を立てていたが、消毒用の機器が不足しているため棚上げになったと話している。 COVAXから要請を受けてワクチンの調達と配布を行っているユニセフは、北朝鮮はCOVAXの供給を受けるための書類を提出しておらず、いつワクチンを届けることができるかは不明だと述べている。 ユニセフが発表した声明には、次のように書かれている。「WHOとユニセフは、(北朝鮮)保健省と連携し、COVAXファシリティを通じてCOVID-19ワクチンにアクセスできるよう努力している。しかし(北朝鮮は)まだ、COVAXファシリティを通じてワクチンを受け取っておらず、いつ受け取ることができるかはっきりしていない」 ソウルにあるシンクタンク、韓国統一研究院のシニアアナリスト洪珉(ホン・ミン)によれば、北朝鮮のウイルス対策は依然として厳格な検疫や国境警備に重点が置かれており、ワクチンは二の次になっているようだ。 金正恩は国民に対し、自立的な経済を築き、パンデミック関連の困難に耐えるため、金一族の指導の下で団結するよう繰り返し呼び掛けている。 金正恩は健康のためにダイエット? 金正恩は8日、祖父であり建国者でもある金日成の没後27年を記念し、防腐処理を施した遺体が安置されている霊廟を参拝した。ほかの最近のイベントと同様に、金正恩をはじめとする政府高官たちはマスクを着けていなかった。 参拝中、金正恩の側近の一人であり、北朝鮮の核・ミサイル開発の中心人物とされる李炳哲(リ・ビョンチョル)は、金正恩と同じ最前列ではなく3列目に立っていた。これは、5人で構成される政治局の幹部会から李炳哲が追放されたことを示唆している。北朝鮮の国営メディアは最近、幹部会のメンバーを含む数人の高官が解任されたと報じていた。 経済的困難に対する国民の不満を、解任された高官に差し向ける狙いがあったのではないかと専門家は分析している。 また、NISは韓国の議員たちに向けて、金正恩は体重の減少が見られるものの、健康上の問題はないようだと報告している。NISによれば、金正恩の健康管理を担当する病院が医薬品を輸入した情報はなく、金正恩は最近、数時間にわたる会議を主宰し、普通に歩いているという。 最近の北朝鮮の写真を見ると、金正恩は以前よりかなり痩せており、健康上の問題を抱えているのではないかとの臆測を呼んでいる。NISはこれに対し、金正恩は健康増進のためにダイエットを行い、2~6月の間に10~20キロ減量したという見解を示している。 (翻訳:ガリレオ)