<英国イングランドの中東部に位置するピーターバラで行われた鳩のレースで、放された1万羽の鳩がほとんど戻ってこなかった......> 英全土で1日のうちに25万羽の鳩が行方不明に 6月のある晴れた土曜日、英国イングランドの中東部に位置するピーターバラで行われた鳩のレースで、奇妙なことが起きた。3時間程度で終了すると思われたレースで、放された1万羽の鳩がほとんど戻ってこなかったのだ。 鳩レースは、レース会場で一斉に鳩を放ち、鳩の巣であるそれぞれの鳩舎までの距離と、戻ってきた時間をもとに速さを算出してスピードを競う。レースで使われるのは通常のドバトではなく、英語でhoming pigeonと呼ばれる、高い帰巣本能を有する伝書バトだ(homingは鳥の帰巣本能を意味する)。 しかし不思議なことに、前述のピーターバラでのレースのみならず、6月19日に開催された鳩レースで放された鳩はほとんどが戻ってこなかった。英テレビ局itvニュースによると、この日は全英で約50件のレースが行われ、25万羽の鳩が放されたが、6月29日の時点で戻っていたのはわずかだという。 中には、ピーターバラのレースに出た鳩が、オランダやスペインのマヨルカ島で見つかったケースもあった(レース鳩は個体を特定するための脚環が付けられている)。また英国に限らず、ポルトガルやベルギーで同日に開催された鳩レースでも、同様の影響を受けた大会があった模様だ。 地球の磁場の乱れが原因か 同じ日、イングランド南西部スウィンドンで開催された鳩レースに参加したディーン・シンプソンさんはitvニュースに対し、このレースでは1400羽が放されたが、200~300羽しか戻らなかったと話した。おかしいと思ったシンプソンさんはソーシャルメディアを確認してみると、ピーターバラでのレースを始め、英国中で同様のことが起きていることに気付いたという。 シンプソンさんによると、レース鳩は地球の磁場を使って進路を決める。しかし太陽嵐などが起きると磁場が乱れるため、レース鳩の方向感覚が狂ってしまうのだという。 シンプソンさんはレース当日の天気について、視界も良く、青空が広がっていたと振り返る。とはいえ、「空には野鳥がほとんどおらず、何か変だった」とも加えた。「目には見えない何かが起きていたんだと思う。鳥の方向感覚を乱し、進路が劇的に変わってしまうような何かが」と説明した。シンプソンさんはまた、複数の小型竜巻が原因である可能性もあるとの考えを示した。 愛鳩家のリチャード・セイヤーズさんは英テレグラフ紙に対し、この日は「史上最悪のレース日の1つだった」と述べ、自分の村だけでも300羽が消えたと話した。セイヤーズさんは、もし迷っているレース鳩を見つけたら、餌や水をあげて休ませてあげてほしい、と呼びかけている。8割の確率で、数日中には自分の巣に向けて出発するだろうとしている。 ===== 鳩レース専門の天気予報を交渉中 王立鳩レース協会(RPRA)のイアン・エバンス氏も、原因は「謎」だとしつつ、雷雨か太陽プラズマが地球の磁場を乱したからではないか、とテレグラフ紙に話している。現在45歳のエバンス氏は、9歳のときから鳩を飼っているが、今回のような経験はこれまで一度もなかったと振り返る。 とはいえ、前述のシンプソンさんは、自身が加盟しているレース鳩の連盟の仲間には、60年ほど前に類似の出来事を経験した人がいると、itvニュースに話している。しかしこのときも原因が解明されず、いまだに謎のままだという。 RPRAによると、鳩レースの成功は、気象状況に大きく左右される。そのため、鳩を放す地点や鳩が戻ってくるルートにあたる地域で悪天候が報告されている場合、天候が回復するまでレースの実施を見送ることも珍しくないとしている。 RPRAは過去に、鳩レース主催者の便宜を図るため、雨や視界のみならず、雲の高さや密度、気温などを含めた気象データを、英気象庁と協力して同協会の公式ホームページで配信すると発表していた。 しかし今回エバンス氏がテレグラフ紙に話したところによると、RPRAは現在、鳩レースに特化した天気予報を提供してくれるよう、再び気象庁と交渉中だという。通常とは異なる気象状況が予測される場合、レースを中止することもできる。これが可能になれば、大量の鳩が行方不明になってしまった今回のような事態を防ぐことができる、とエバンス氏は話している。 ===== About 5,000 pigeons mysteriously vanished during a race in the UK.