太平洋岸北西部を襲っている記録的な熱波のせいで、あさり、ムール貝、フジツボ、巻貝を含む10億以上の海の生物たちが熱されて死んでしまったと伝えられています。